2006年11月08日

サイパン旅行(グロット体験)記 その7

うーん。忙しくてなかなか進まないサイパン旅行記。(>_<)


初日のダイビングを終えて、店に戻りログ付けを行った。



明日はどうされますか?
ビーチ or ボート?




・・・と、ガイドさんから聞かれ、ボートだったらどんなポイントに行って、どんな魚が見れるか聞いた。ボートがよさそうだったらボートにしようかなと思っていたが、見れる魚もあんまり変わらないし、ボートで行けそうなポイントもイマイチだった為、明日もグロット期待でビーチにすることに。





ダイビングを終えて、ホテルに送ってもらったのが夕方の5時頃だった。



シャワーをして夕食を食べに行ったのだが、おいらがシャワーをしている間に、かーちゃん♪がガイドブックで店発掘作業。



おいらがシャワーから出るなり、


 毎週木曜日は「ガラパン・ストリート・マーケット」というナイトマーケットがあるらしいよ。屋台も色々出てて面白いんだって。



とのことで、当然、おもろいもの好きの我々夫婦は、今晩の夕食は「ガラパン・ストリート・マーケット」で、となった。





こんな感じで一列に屋台が並んでいる。

060928-01.jpg



地元のテレビクルーらしい集団を発見。
音声の兄ちゃんは仕事もせずにカメラ目線。

060928-03.jpg



するとカメラマンもおいらのカメラに気付き、撮り合いっこ。

060928-05.jpg




結局、夕食は屋台で買った、肉の串刺しや焼きそば、チャーハン、チキンなどを食べた。普通のBBQ料理という感じで可もなく不可もなくだったが、最後に食べたアビギギというデザート(バナナの皮で包んである餅のようなもの)は美味かった。



(つづく)



このブログのトップへ



posted by でびるくん♪ at 23:11| 大阪 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

サイパン旅行(グロット体験)記 その5

 2日目。眠い目をこすりながらなんとか6時半頃に目覚めたおいら。今日から待望のサイパン初ダイビング。グロットが楽しみだ。水着に着替え上着を羽織り、7時半前にホテルのフロントに下りると、どうみても周りはダイビングショップのお迎え待ちの日本人だらけ。ちょっと興ざめ。


 すぐに迎えの車が来たがやっぱり日本人。



ココはドコデスカ? (-_-;)



ホテル→ショップを車で送迎してくれるのはありがたいが歩いても十分に行ける距離だった。(歩いても10分はかからない)


ショップに着くと、ライセンス取得のための講習組、ボートダイビング組、ビーチダイビング組といくつかに分かれていた。今回我々が申し込んだのは2日で4ビーチダイビングが付いているツアーだったのでビーチダイビング組でのプリ・ブリーフィング。

 ちなみにダイビングを知らない人の為に書いておくと、ボートダイビングとはボートでポイントまで行って、ボートからエントリするスタイルのこと。それに対してビーチダイビングとは、まるで海で入水自殺をするかのように浜辺から海に向かっていってエントリするスタイル。船酔いをする人はビーチエントリの方が良いのだろうが、テクテク歩いて入っていくのは意外としんどい。我々夫婦は、もう70本以上潜っているがビーチエントリは、ライセンスを取った直後に潜った沖縄の北谷(ちゃたん)とアドバンスのライセンスの講習の時だけだ。


 プリ・ブリーフィングの時に今日潜るポイントの説明があり、ラウラウビーチとオブジャンビーチというポイントに行く事になりそうだった。もう1本追加すればグロットに行けそうな雰囲気だったし、今回の我々の目的はグロット制覇だったので、我々夫婦は今日は3本潜ることにした。



(つづく)




このブログのトップへ



posted by でびるくん♪ at 18:27| 大阪 ☁| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

サイパン旅行(グロット体験)記 その4

 予想外に小さい飛行機(3列×2)にびっくりしたが、ド平日の水曜日出発だったせいかもしれない。チラホラと空席もあった。


 小さい飛行機は予想外だったが、おいらが機内であまり眠れなかったのは予想通りだった。まぁ、現地到着も1時15分とはいえ、日本時間では0時15分。バリバリ起きている時間だ。無理も無い。

 図書館で、もう旬を過ぎたと思われる東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~を借りてきていたので、それを読んで時間を潰した。



 そうこうしているうちに、全く眠くないままにサイパン国際空港に到着。一連の入国手続きを済ませ、荷物を受け取って空港を出ると、ツアー会社の人が待っていた。ハワイのようにレイをかけてもらうこともなく、車でホテルに送ってもらった。


 今回は宿泊したホテルは「サイパン オーシャンビュー」というホテル。空港から車で20分程度だった。チェックインも滞りなく済ませると、翌日から利用するダイビングサービス「ワンダーシー」から



 明日のお迎え時間は7時20分です。



との伝言が置いてあった。

日本時間だと6時20分。深夜の到着よりも、早朝のお迎えの方がつらい。



ちなみに帰国の日のホテル出発は早朝3時40分。モーニングコールは深夜2時25分。



それはモーニングコールぢゃなくて、
ミッドナイトコールぢゃんかよ。_| ̄|○



そんな突っ込みをいれながら、眠くない目を無理矢理閉じて翌日のダイビングの為に睡眠へ突入した。



(つづく)



このブログのトップへ



タグ:サイパン
posted by でびるくん♪ at 23:55| 大阪 ☁| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

おいっ!

サイパン旅行はまだまだ続くが、今日は違う話。


先日、布団でお休みのかーちゃん♪の邪魔をしようと、踏んづけたり乗っかったりしていたら、かーちゃん♪が一言、



おいっ! おいっ!



おいらに踏んづけられていたせいかダミ声だったその声は間違いなくアニマル浜口の「おいっ!」だった。


もっと踏んづけたら「気合いだー」が出るかと思い、踏んづけ続けていると、かーちゃん♪は、なおも、



おいっ! おいっ!






なかなか、気合いが入らないなぁーと思い、



アニマル、気合いは?



と問うと、かーちゃん♪は



は? (・_・?)



いや、「は?」じゃなくて、アニマル浜口だったら、「気合いだー」とセットだろーよ。





すると、かーちゃん♪は、





これはアニマルの「おいっ!」でなくて、トリックの山田奈緒子(仲間由紀恵)の「おいっ!」ぢゃん。わかるでしょー(怒)







・・・・・(ーー;) 

な、なかまゆきえですか。_| ̄|○





仲間由紀恵はそんなダミ声ぢゃねーよ。
わかるわけないぢゃん。(T_T)






こうして、このままお休みになったかーちゃん♪だが、睡眠に入ってしまった後は、アニマル並みの大暴れで、今日もおいらの足はアザだらけなのであった。



おいっ!




このブログのトップへ




posted by でびるくん♪ at 18:35| 大阪 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

サイパン旅行(グロット体験)記 その3

 いつもは伊丹の大阪国際空港から関空行きのリムジンバスに乗るのだが、今回は、より家に近い阪急蛍池という駅までタクシーを使い、そこから関空行きのリムジンバスに乗った。

 空港の団体受付カウンターへは18時40分に来いと書いてあったが、阪神高速で事故渋滞だったこともあり、10分程度遅れた。とはいえ、特に問題もなく、もらった航空券は既にチェックインされていて、席はEとF。真ん中の方か?
 まぁ、格安ツアーなので窓際にしてくれなんてわがままも言えないし、どうせ飛んでいる最中ずっと夜で窓際である必要もない。


 その後、スーツケースを預ける為に列に並んだが相当長い。X線検査をしているにも関わらず、カウンターに入る直前で抜き打ちでスーツケースを空けさせられている人が多数いた。どうりで列が長くなるわけだ。我々夫婦はこの抜き打ちチェックに引っかかることもなく、すんなりカウンターに行けた。日頃の行いが良い為か。


 身軽になったところで夕食。機内食は出るだろうから軽めのもの。限りなく2泊3日に近い3泊4日だが、日本食が恋しくなるといけない。・・・というわけで食べたのはうどん。


 海外旅行だと飛行機出発の2時間前までに空港に来いと言われるが、今回はちょっと遅れたことや夕食を食べていたら、結構な時間になった。


 手荷物検査では、案の定ペットボトルのお茶は取り上げられた。手荷物検査から中の自動販売機で買ったものは昨日から機内持ち込みがOKになったと新聞に書いてあった。これを係員に聞いてみると、たぶんダメだと思うと言われた。なんでも新聞が間違っていることもありますから、とのこと。いい加減なもんだ。ペットボトル以外は特に引っかかったものもなかった。


 出国審査カウンターを経て、免税店をちょっとだけウロウロしたら、ウィングシャトルというモノレールのようなものに乗って搭乗口へ。時間的にもほとんど待つことなく、機内へ入れるアナウンスが流れた。



 ゲートを通って、いざ飛行機へ



と思ったが、な・な・なんと、ボーディングブリッジ内で、またも手荷物チェック。ここでは全員が持っている荷物の中をチェックされた。日本出発時にここまで厳しいチェックをされたのは初めてだ。


 ここまでセキュリティチェックされると、この飛行機の爆破予告でもあったんじゃないかと逆に心配になる。



 こうして手荷物チェックも終え、機内に乗り込むと想像していたより小さい飛行機(座席が3列×2)だった。EとFはすなわち窓際からの並びを意味していた。



(つづく)



このブログのトップへ



タグ:サイパン
posted by でびるくん♪ at 18:21| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

サイパン旅行(グロット体験)記 その2

うーん。/(-_-)\

最近、ブログを更新している暇がなくて
まいっちんぐマチコ先生だ。いやーん。


ま、マチコ先生はどうでもいいが、サイパン旅行記の続き。



20時40分、関空発ということで準備も遅めの我々夫婦。昼過ぎにようやく旅の準備を始めた。旅行代理店からの案内などを読んでいると、





テロ対策でペットボトルなどは機内に持ち込めまへん





と書いてあった。


ペットボトルのお茶をこよなく愛するおいらにとっては、厳しい話だが、まぁ仕方ない。必要になったらバンバンCAを呼んでお茶をもらえばいい。



また、今回利用するノースウエスト航空からはこんな案内が。





ちょっと前から機内でのアルコール類はタダ飲みできまへんねん





え゛〜〜〜 (T_T)


機内でのビールをこよなく愛するビーラーでびるくん♪には、北朝鮮経済制裁以上に厳しい処置ぢゃんかよ。



退席しちゃうぞー、このやろー。



と機内で暴れたいのも山々だが空の上なので退席しても外は寒い。



それに、でびるくん♪情勢に詳しい元国交省役人からは



お前がセコイだけだろーよ? (¬д¬。)



と勝手に非難されるのがオチだ。平和主義のおいらは拳を振り上げることは止めて、穏便に済ませることにしよう。






それにしても、国際線でのアルコールもお金がいるなんて・・・



そんなに航空業界は不況なのか?





それともNWA(ノースウエスト航空)だけか?





ま、まさか、悪魔♪への圧力? (ーー;)




こうして出版前にも関わらず圧力により言論の自由を奪われかねない状況に戦々恐々の悪魔なのであった。



(つづく)




追伸:
「サイパン旅行(グロット体験)記」も「その2」なのに、相変わらず脱線の多い話の展開で、空港どころかまた家さえ出ていない。このままじゃサイパン旅行妄想記になってしまいそうだ。(>_<)




このブログのトップへ



タグ:サイパン
posted by でびるくん♪ at 14:37| 大阪 ☀| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

やることがありすぎて・・・

うーん。しばらく更新できてまへん。(>_<)

サイパン旅行記(ダイビング記)でも書こうかと思っているがどうにも忙しい。(T_T)


色んなことが並行して起こっているが、やらなければいけないことは、



・旅行の後片付け
・仕事モードへの変身
・仕事の帳簿をつける。
・メールの整理
・仕事用のHPの更新
・銀次郎♪のご機嫌取り
・かーちゃん♪の布団掛け
・スキーの準備 < はやっ
・次回ダイビングを夢見る < 帰ってきたとこやん(>_<)
・阪神タイガースの奇跡の優勝を夢見る
・著書がミリオンセラーになることを夢見る



ちなみにサイパンに行っている間に出版スケジュールが変わっていて、入稿期限が延びていた。時間ができて負担は軽くなったが、発売日も自動的に延びたので、印税を今シーズンのスキー費用に当てることは絶望的になった。(-_-;)



追伸:
次回から2〜3回はサイパン旅行記の予定♪
今回もドップリダイビング♪ グロット潜ってきました。(-_-)v


追々伸:
今日、仕事関係でNHKが取材に来た。ラジオだけど・・・。
新聞には昔、よく載っていたが(悪いことしたわけではありまへん)、公共の電波で自分の声が流れるのは初体験かもしれない。


今後のためにも早口言葉の練習でもしておこう。


となりのきゃくはよくきゃき食うきゃくだ。
ぼうずがぼうずにじょうぶにぼうずの絵を描いた。
とうきょうとっきょきょきゃきょきゅ



・・・(-_-;) ダメだ。

アナウンサーとしては食えないことが判明してしまった。
真面目に働くことにしよう。(T_T)




このブログのトップへ



posted by でびるくん♪ at 03:40| 大阪 ☁| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

YS−11が退役

 最後の国産旅客機のYS−11が今月末をもって遂に国内の定期便から完全撤退する。日本が世界に誇ったプロペラ機だが引退を惜しむ声も多いらしい。おいらは乗ったことは無いが、うちのかーちゃん♪は乗務していたこともあるので話を聞いてみた。


なんでも、プロペラの音はうるさいし、揺れるし、おまけに貨物室が機体の後ろにあって、客室とはネットだけで仕切られているらしい。この客室とネット一つで区切られた所にワンちゃんなどがキャリーケースに入れられて一緒に乗ってるからニオイや泣き声もそれなりにしたとのこと。


CA泣かせだったのは、YS−11はアナウンス用のマイクが後ろだったこと。




皆様、本日は・・・




わんわんわん





・・・ご搭乗ありがとうございます。
当便は・・・






わんわんわん





など、アナウンスの途中でワンちゃんの鳴き声が入ることもあったらしい。


ただ、うちのかーちゃん♪が乗務していた時期は、YS−11の出番も離島などが多く、乗客の皆さんも大らかだった為、特にクレームにもならず笑顔で楽しく乗務ができたそうだ。



YS−11の引退は、そんな優しい大らかな乗客の笑顔も一緒に失ってしまうような気がしないでもない。




追伸:
今日から遅々の夏休みを強行で取ってサイパンに行ってきます。
銀次郎♪を預かりたくてしょうがない、うちのおかんは
喜んでいます。(-_-;)



このブログのトップへ



タグ:ys-11
posted by でびるくん♪ at 12:33| 大阪 ☁| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

冷え性で悩む人に

 我が家は最近、図書館をよく利用している。とりわけ、かーちゃん♪は本好きなこともあって、しょっちゅう図書館で本を借りている。

 そんなかーちゃん♪は布団の中でウダウダしながら、本を読み、徐々に寝ていくというのが、ちょっとした楽しみだ。当然、部屋の電気を消したり、読み散らかした本を片付けるのはおいらの役目。

 まぁ、悪魔なおいらも、普段はかーちゃん♪にお世話になっているからこれくらいはしなくちゃいけない。


 先日もウトウトしていたので、電気を消そうとしたら、



あ〜、まだ本読んでるのに〜。(怒)



と怒られた。

明らかに寝てるくせに・・・。(-_-;)



ま、そんな日常なわけだが、こないだ、うちのかーちゃん♪はなにやら布団の上で熱心に読書中だった。



今日は何読んでるの?



うーん? コレ。



と見せてくれたのは、図書館で借りてきた「冷え性で悩む人に」という本。



え? かーちゃん♪冷え性だったっけ?



結婚してもう4年目になるが、かーちゃん♪が冷え性だというのは、聞いたこともない。





なんか最近、朝起きると体が冷たいんだよねー。





それはさぁ、君が布団をちゃんと被ってないからぢゃないの?





すると・・・




あ! (・o・)! そうかぁ。

最近、涼しくなったし、マジで冷え性と間違ってたよ。









・・・・・(-_-;)

マジで間違うんぢゃねーよ。






こうして、自分の寝相が悪く、布団を蹴飛ばしまくってることを棚に上げて、冷え性だと悩もうとしていた、うちの嫁にはホトホト呆れるばかりである。



このブログのトップへ



posted by でびるくん♪ at 18:37| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

印税生活は楽じゃない

今月は原稿の締切に追われる日々なので、あんまり更新できないかもしれまへん。
いつも見に来てくださってる方、ごめんちゃい。

今月末は遅めの夏休みを取る(もう秋やん(>_<))ことを決めたので、さらに締切が早くなってしまった・・・(-_-;) 自業自得。(T_T)


印税で飯食ってる人ってこんなに苦しいのかと実感。今回出版する本は小説とかエッセイとかそういう類のものではないのでまだマシだと思うが、小説とかエッセイとかだったら締切との戦いはもっと熾烈なのだろう。おいらは文章を書くのは嫌いでもないし、どちらかというと得意な方だが、締切に追われてまで本を書きたくないと痛切に感じている今日この頃だ。



追伸:
ロスでレコーディングをするアーティストのように、おいらも南の島へ行って執筆活動をしたいが、出版社がそんな金を出してくれるわけも無いので、仕方なく家でセコセコ書いている。合掌( ̄人 ̄)




このブログのトップへ



posted by でびるくん♪ at 03:28| 大阪 ☁| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

火事か?

 ウーウーウー カンカンカン


消防車のサイレンが鳴っているなぁーと思っていたら、結構近くでサイレンが止まった。





かーちゃん♪ 近くで火事かもしれないぜ。



そうだねー。



とりあえず、確認だ。(-_-)




・・・とベランダへ出たおいら。





ん〜、消防車はどこかな?





む?




むむっ?




むむむ?






消防車、近くに止まってる?





・・・う、うん。





どこ?










うちのマンションの下。(-_-#)




060909_01-s.jpg  060909_02-s.jpg





げげっ。(-_-;)





追伸:
結局、この車は消防車ではなくレスキュー車でした。
また、うちのマンションとは全く無関係で、うちのマンションの先の道が細くて入れなかった為、止まっていただけでした。




このブログのトップへ

posted by でびるくん♪ at 15:38| 大阪 ☀| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

極道者?

 それゆけ銀次郎♪では、まだ、チョイ役で金太郎♪が出てきたりしてますが、無事、金ちゃん♪は「こてつ君」と改名され、神奈川の新しい家に旅立って行きました。

 ところで、そんな金ちゃん♪や銀ちゃん♪は、兄弟姉妹を含めて5匹で捨てられていました。実際に金ちゃん♪&銀ちゃん♪を含む5匹を保護された方はYさん。大阪の南部にお住まいの方で、とても心優しい方です。また、その娘さん家族(Mさん夫妻)も猫大好きな方で、お若いのにしっかりとした優しい方でした。また、神奈川の新しい家の方(Wさん)も猫が大好きということで、わざわざ大阪まで金太郎♪を迎えに来られました。

 そんな金ちゃん♪が神奈川へ旅立つ日。おいらと神奈川の新しい親になって下さるWさんと、金ちゃん♪を保護されたYさん、そしてその娘さんのMさん夫婦が我が家に集結して、金ちゃん♪とのお別れをしました。


 ちなみに、Wさんは普通のサラリーマンで至って普通の方でしたが、おいらは既に会社員を辞め、今はいわゆるフリーランス。Yさんは芸術家、その娘さんのMさんも独立したWebデザイナーというわけで、



いやー、この中でマトモなのはWさんだけですねー。はっはっは。
我々はちょっと会社に属さない(属せない?)極道な商売してますから。
はっはっは。




な〜んて、笑いながら話していた。

Wさんは会社が夏休み中とのことで来阪が可能だったらしいが、特に休みというわけでもないのに、平日の昼間に集合できる、おいらやYさんやMさんはやっぱりちょっと極道入ってるかもしれない。



名残惜しさのせいもあり、しばらく我が家で世間話をしたり、金ちゃん♪の心の準備を待っていたりしたのだが、いよいよ旅立つ時間になってしまった。


近くの駅まで、我々夫婦やYさん、Mさん夫妻でお見送り。



 新幹線で神奈川まで移動とのことで、金ちゃん♪の体力なども心配し、我々夫婦、Yさん、Mさんは



 神奈川への帰りの移動途中でも、何か変わったことやお困りになったら、いつでも連絡して下さい。車ですぐに駆けつけますから。



・・・と、金ちゃん♪やWさんの道中を気にかけ、見送った。
極道者とは思えぬ優しいを発揮した我々だ。 < 自画自賛 (-_-)v


あ〜あ、行っちゃったなー。
やっぱりちょっと寂しいなぁ。。。




なんて思っていたら、Mさんから



せっかくなんで、ちょっとお茶でもしませんか。



とのご提案。なんだか寂しいが、ホッとした様な気持ちもあって、



いいですね。そうしましょう。


と、近くのファミレスへ。





ウエイター> ご注文はお決まりですか?

Mさん  > 私とりあえずビールをグラスで。

Yさん  > 私はビールをジョッキで。

でび♪  > じゃあ僕も生中を。






・・・(ーー;)

お茶とちゃうんかーーーい。(>_<)




なーんて読者の皆さんからの突っ込みが入りそうな展開。
金ちゃん♪やWさんの道中を気にして、何かあったら駆けつけるはずなのに、なぜかビールを注文する我々。しかも、外はまだお昼。



やっぱり極道者の我々は、ビールのおかわりまでしてしまい、



Mさん > 私は飲んだって言ってもグラスを2杯よ。
      お母さんは1杯目はジョッキだったわよね。


Yさん > でも、ジョッキを2杯飲んだ、悪魔な人もいるわ。

でび♪ > でも、最初にビールを注文したのはMさんだったのでわ?




なんて、誰か一番悪魔かなんて醜い争いをしてしまった我々から救われた金太郎♪は幸せ者かもしれない。



追伸:
残された銀次郎♪は、ちゃくちゃくと悪魔♪な修行を積んでいます。



追々伸:
YさんやMさんの名誉の為に言っておきますが、Mさんの旦那さんはお酒を飲んでなかったので、実際に何かあったら車で駆けつけることは可能でした。
まぁ、実際にそういう事態になって駆けつけた場合、約3人は酒くさかったかもしれませんが・・・(爆)




このブログのトップへ


posted by でびるくん♪ at 15:33| 大阪 ☀| Comment(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

江頭?

うちのかーちゃん♪の連日の厳しい突っ込みにも耐え、今日も阪神戦をテレビ観戦のおいら。



実況 > ボールカウント、ワンストライクツーボール
     ピッチャー、江草、4球目を投げた。
     外角低めストライーーーク!






すると、またもかーちゃん♪が、



ねぇねぇ。





この「ねぇねぇ」が最近こわい。





あたし、前から思ってんだけどさ。





・・・(ーー;) またか。
今日は実況にも解説にも選手にも、
突っ込むとこなんてどこにもないぢゃんかよ。





この審判だけどさぁ・・・





_| ̄|○

今日は審判ですか・・(T_T)








ストライクのコールの時に横向いて指差してるけど、
これは一体どこ指してるの?








・・・・・(ーー;) え?

さ、さぁ? (-_-;)







わかりやすいようにオーバーアクションなんぢゃない?





それだったら、大きく片手を挙げるとかでいいぢゃん。
なんで横向く必要があるわけ?
大体、あの指はどこ指してるっていうのよ。(怒)






またしても、キレキレのかーちゃん♪





大体さぁ・・・





だ、だいたい何でしょう? (~_~;)









あの指差しは江頭にしか見えないんだけど。(怒怒)
お前は江頭かって言ってやんなさいよ!(怒怒怒)







・・・そ、そんなことおいらに言われても。(T_T)







言ってやんなさいよ!(怒怒怒怒怒)







お前は江頭かよ!





なんで、プロ野球のテレビ観戦中にテレビの審判に向かって
「お前は江頭か?」なんて言ってんだろう。(T_T)



こうして、阪神の優勝が遠のくと共に、我が家での今シーズンの野球観戦も遠のいていくのであった。



合掌( ̄人 ̄)



このブログのトップへ


posted by でびるくん♪ at 13:55| 大阪 ☀| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

三振の後に・・・

 川上憲伸の件では、鋭いツッコミを受けたおいらだが、またある日、プロ野球中継をテレビで見ていた時のこと。その日の阪神の先発は井川。テレビからは



実況 > 阪神、井川。4球目を投げた。
     空振り三振!




なんて放送が流れていた時、またもや、うちのかーちゃん♪が徐に口を開いた。




ねぇねぇ。



な、なんですか?





今日は何だろう?
実況も今日は何も変なこと言ってないぞ。





あたし、前から思ってんだけどさ。





・・・(ーー;)
また前から思ってたことですか。
前から思ってたら、前に言ってくんなきゃ時効だよ。とほほ





井川は今、三振とったじゃない?



うん。



キャッチャーの矢野はどうしてボールをピッチャーに返さないで、一塁にボールを投げるわけ?







・・・・・(ーー;) え?

さ、さぁ? (-_-;)






内野手の肩慣らしとかの為・・・かな?





じゃあ、外野手には回さなくていいの?





・・・・・(ーー;) え?

さ、さぁ? (-_-;)






外野手まで回すと時間がかかるから・・・かな?





内野手だって時間かかってるぢゃん。(怒)





またしても、かーちゃん♪キレル。





大体さぁ・・・





だ、だいたい何でしょう? (~_~;)












回りまわって結局、ピッチャーのトコにボールが戻ってくんでしょ?
だったら、矢野は最初からピッチャーにボール返せばいいぢゃん。(怒怒)








・・・そ、そんなことおいらに言われても。(T_T)






プロ野球界の皆さん、このブログ見てますか?
我が家の家庭の平和の為にも、ボールは回さないようにお願いします。



追伸:
内野手でボールを回しているうちに、TVのチャンネルを回されてしまいます。(T_T)




このブログのトップへ


posted by でびるくん♪ at 13:45| 大阪 ☀| Comment(1) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

川上憲伸

 先日、かーちゃんとプロ野球の阪神−中日を見ていた時のこと。その日の先発は、阪神が下柳、中日が川上だった。



実況 > 今日の川上憲伸(かわかみけんしん)の
     ピッチングはどうですか?
解説 > 今日の川上憲伸はストレートがまずまずですね。
実況 > 本来の川上憲伸の調子と見てよろしいですか?
解説 > そうですね。
     いつもの川上憲伸と言えるんじゃないでしょうか。

実況 > 一方の阪神の下柳はどうですか?
解説 > 下柳もいいピッチングをしてますよ。
     今日の試合は我慢比べでしょう。




なんて放送がテレビから流れていた時、うちのかーちゃん♪が徐に口を開いた。




ねぇねぇ。



なに?



あたし、前から思ってんだけどさ。



うん?



なんで、川上さんはいつもフルネームで実況されてる訳? (・_・?)





・・・・・(ーー;) え?

さ、さぁ? (-_-;)





川上さんっていう他の選手が中日に居る訳?




いや、そういうわけではない・・・と思うけど・・・。






相変わらず、かーちゃんの突っ込みは鋭い。



拝啓 かーちゃん♪

あなたは野球に関してはド素人な訳で、
おいらと結婚するまでは野球なんて殆ど見なかった訳で、
従ってブルペンをよく活躍する外国人選手だと思ってた訳で・・・




なぜか北の国からチックなおいらだが、ほんとになぜなんだろう。
かーちゃん♪に明確な答えを返すことができないおいらに、
遂にかーちゃんがキレた。




大体さぁ・・・





だ、だいたい何でしょう? (~_~;)












あたし、下柳の下の名前知らないよ。(怒)





・・・そ、そんなことおいらに言われても。(T_T)






こうして、段々とかーちゃん♪の前では野球中継を見れなくなっていく悪魔♪なのであった。




このブログのトップへ




posted by でびるくん♪ at 12:04| 大阪 ☔| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

ためらい傷?

あんた・・・その傷!!!



ん?



いつもいつもバカにしてごめんね。





んん?



だって・・・その、ためらい傷。。。



060802_07.jpg






・・・(ーー;) なんでやねん?
暴れん坊将軍の金ちゃん♪にやられただけぢゃ。



・・・って、それより。。。
やっぱり君は俺をバカにしてたのか。。。(-_-;)




このブログのトップへ




posted by でびるくん♪ at 13:48| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

悪魔♪の立場

昨日のおいらとかーちゃんの会話。


ブログ書いたけど見る?



何の話?



武士の話の続き



ブヒ? ブヒブヒ?



そりゃぁ、武士ぢゃなくてブタだろうよ。
大体、わし、ブタの話なんか書いてたか?






ブヒ? (・_・?)





・・・(ーー;) ブヒぢゃねーよ。
バカにしやがって。
ハムにして食うたろか?






ところで、新聞を読んでいると必ず邪魔しに来ていた金太郎♪

060725_06.jpg




な、なんかおもろい記事でも載ってまっか?



いや、ちょっと土地活用セミナーでも行こかと思て。(-_-)



と、とちかつよう?
あんた土地持ってへんやん (-_-;)






冗談やがな。(-_-)



060725_05.jpg





・・・(ーー;)
お前もハムにして食うたろか。






くそー、どいつもこいつもバカにしやがって〜。((“o(>ω<)o”))



我が家でおいらの友は、銀次郎♪だけだよ〜





060731_02.jpg





・・・(ーー;) ハ、ハム?




このブログのトップへ

posted by でびるくん♪ at 12:25| 大阪 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

血筋?

 前回、我が家はどうやら源氏の血を継ぐ家系らしいということを書いたが、実はその話は随分前に聞いて知っていた。

 しかし、どうして母方の名字は和田ではないのに、「和田家系図」がうちのものなのだろう?・・・と不思議に思っていたが、今回、住職がその謎を教えてくれた。

 なんでも三重の、ある地域に城があり、うちの先祖はそこの城主だったらしい。大きなお城の城主だったらいざ知らず、小さな城の城主だったご先祖様は、先頭に立って戦をしなければならない。そして善戦空しく(・・・かどうかは知らないが)戦に破れ、殺されてしまったようだ。

 戦に負けたわけだし、「和田」という名前をそのまま使っていると、色々と子孫は不都合があるかもしれない・・・ということで、改名し現在に至っているようだ。確かに墓石にも「和田家改メ ○○家」と書いてあった。

 なるほど、そういうわけだったか。長年の疑問がようやく解けた。


住職さん、ありがとう♪


 それにしても、うちのご先祖様は小さな城とはいえ城主だったにも関わらず、子孫においらのようなすっとこどっこいが存在することをきっとあの世で嘆いているに違いない。



 ご先祖様・・・えらいすんまへん。(-_-)



追伸:
おいらの先祖が武士だと知ったうちのかーちゃん♪は


 あんたの喧嘩っ早いところは血筋というわけね。



と、妙に納得していたが、いくら先祖が武士でも、酒を飲んだかーちゃん♪においらは全く敵わない(かーちゃんの酩酊ぶりはこちら)。先祖が戦に負けたのも、なんとなく頷ける真夏の夜の、かーちゃん♪との晩酌だった。


 かーちゃん♪
 だから、そこは布団ぢゃないってばー。(・o・)





このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 00:41| 大阪 ☁| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

源氏の子孫

 前回、人骨を素手で掴むという貴重な経験をした悪魔なおいらだが、実はうちの母方の先祖は武士であり残っている家系図によると源氏の血を継いでいるらしい。(えっ?悪魔の血ぢゃないの?)

 そんな我が家に悪魔の血ならぬ、源氏の血が入ってることがわかったのは意外なところからだった。


 今回の納骨で訪れたお寺が以前大掃除をした時のこと。古くなった襖(ふすま)を張り替えようと木枠から布を剥がしたら、なんとその裏(つまり襖の内側)に巻物が貼ってあったらしい。その巻物の表に書いてあったのが源氏から続く我が家の家系図。そして巻物の裏側には兵法が書いてあった(もっとも漢字だらけでおいらには解読不能だったが・・・)


 どうやら、うちの先祖が戦で寺に逃げ込んだ時に子孫に何かを残そうということだったらしく系図と兵法を書き残し、敵に見つかり自らの命が絶えても襖の裏に貼っておけば敵に見つかることはないだろうとのことだったようだ。

 その時に寺から発見された巻物の現物や刀などは、寺に寄贈したが系図だけは別の掛け軸に書き写し、まだ手元にある。

 ちなみに系図自体は「源○○」というのから始まっているが、途中で名も変わったようで「和田家系図」となっている。しかし、うちの母の姓は「和田」ではない。なぜだろうとずっと思っていたが、その謎も今回、住職が教えてくれた。


 長くなるので残りは次回。



(つづく)




このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 01:43| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

人骨を素手で掴んだ!

まだまだ、金ちゃん♪の秘蔵画像はあるのだが、今回は別の話。


 先日、今年の春に亡くなった祖母の納骨に三重まで行ってきた。道中スムーズに行っても片道2時間半くらいはかかる長旅だ。おいらと、うちのかーちゃん♪と、おかんと親戚のおばさんの計4人での長旅。

 現地のお寺に着いたのが12時過ぎ頃。住職は留守だったが、次期住職と思われる若いお坊さんがお寺での読経を行ってくれた。こんなことを言ってはなんだか、ちょっと頼りなさそうなお坊さんだった。まぁ、読経自体はきちんと執り行ってくれたが・・・(当たり前)。


 少し待っていると程なく住職さんがお帰りになられた。さすがに住職さん。貫禄ばっちりだ。どっかの罰が当たりそうなお坊さんと違ってとっても貫禄がある。少し故人を偲んで住職と話をした後、持参したサラシで作った袋(骨壷のままでは土にかえらない為にこのような袋に入れる)に骨壷から祖母の遺骨を移し変えた。準備ができたところで、早速お墓の方へ行ってようやく納骨。住職は納骨前にもお墓の前でお経をあげてくれた。


そして、いざ納骨。


去年の父の納骨の時のように、サラシの袋ごとお墓に納めると思っていた我々4人だったが、住職は大胆にもサラシの袋の口を開けると、なんと素手で遺骨を鷲掴み/( ̄ロ ̄;)\。そして、素手でサラシの中の遺骨を墓下に移している。


ありがた〜〜〜い貫禄のある住職だと思っていたが、なんて罰当たりな。



あんたは鬼か、この罰当たり者め!



しかし、やっぱり悪魔vs住職の構図では、こんなことは言えない。





それでも、

をいをい、そんな納骨でええんかい? (-_-;)



なんて心の中で密かに住職に突っ込みを入れていた、その時。





じゃあ、ご家族の方もお一人ずつお願いします。(-_-)




・・・・・(ーー;) え?

ぼ、ぼくたちもやるんですか? /(-_-;)\






こうして、人生初体験の人骨を素手で掴むという悪魔のようなことを仕出かしてしまった我々4人。あぁ、神様仏様。悪魔な我々遺族をお許し下さい。



我が家は普通の世間一般の家庭ではあまり起こらないこと(ハワイ旅行に当選したりさおだけ屋からさおだけを買ったり)がよく起こる家庭だが、我が家の日記には、また一つ新たな事件が刻み込まれた。(T_T)



(さらなる事件に続く)



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 22:56| 大阪 ☁| Comment(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。