2010年09月04日

作家になるには? その2

9月だというのに、悪魔のような酷暑が跋扈する今日この頃。
みなさん、如何お過ごしですか?

本を出してから

「子供のころから本をたくさん読んだの?」

と、よく聞かれると前回書きましたが、これと同じくらい聞かれるのが

「やっぱり朝日新聞の天声人語は毎日読んでるんですか?」

ってことです。
確かに我が家は今、朝日新聞を購読していますが、
別に毎日気にして天声人語を読む訳ではありません。

しかし、なぜか作家を目指すには
「読書量」と「天声人語」が必須のように世間のみなさんは考えているらしい。

別に天声人語が(作家になるための修行に)必須だとは思いません。
・・・が、新聞一面のコラムの中では天声人語は他紙のコラムに比べて
ずば抜けて文章が洗練されているということは感じます。

知識に裏打ちされた内容、それを表現する文章力。
そう考えると天声人語が入試でよく出題されるというのは必然なのでしょう。


おいらの、このくだらないブログ(もしくは拙著、スッチー裏物語)も
いずれ入試で出題される日が来ることを祈っておこう。
いや、祈ってるだけじゃダメだな。
ここは問題を作成する先生の立場になって問題も作っておこう。


(問題例)
上記の文章の要約を140字ちょうどで書きなさい。


(解答例)
やっぱりあれでっか?入試には天声人語でっ
か?ほぅ、そうでっか?ところで採点の先生
には大変申し訳ありませんが、字数の都合で
残り80字足らずとなりました。この続きは
プロ野球ニュースで、いや、違った。問3の
後の空きスペースでご覧下さい。それでは皆
さん、そろそろお時間となりました。ごきげ



・・・し、しまった。
ごきげんようさようならの「んようさようなら」が入らなかった。
いやー、尺を計算に入れながらしゃべれるアナウンサーってえらいなー。


追伸:作家志望のあなたへ
本を出してる人間の文章力なんて所詮こんなもんです。(爆)



posted by でびるくん♪ at 00:08| 大阪 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。