2009年02月01日

志賀高原で年越し雪遊び その3

う〜ん、なかなか更新ができなくて忘れそうだ。とっとと続きを書かないと・・・。


昨シーズンは奥志賀に行った日から発熱し、そのまま難病ギランバレー症候群へと発展してしまったわけだが、今年は天気も良く、優雅にお茶する暇もあった為、体調はすこぶる快調だった。

大晦日の夕刻から合流の3名がいて人数が合わせて10人に。次の日には一人帰ってしまう為、この日が一番多い。人数も多いし宴会にも気合が入る。すこぶる快調な体調の為、夜の宴会では酒が進む・・・と言いたいところだが、実は今回はそれほど飲まなかった。というより飲めなかった。

大病を患って以来、あまり飲み過ぎないようにしているということもあるが、それよりも何よりも、おいら自身が朝型人間に変身してしまって眠くて起きてられなかったからだ。なんてたって入院中は22時消灯の7時起床。まぁ、これだけならすぐに夜型に戻ったのだろうが、うちの小悪魔坊主♪が1歳の為、朝から叩き起こされる生活が続いている。さらに「坊主♪寝かしつけ任務」の時には一緒に寝てしまうこともあるから、21時就寝なんて時もある。自分でもびっくりだ。3年前のおいらにとっては宝くじで3億円あたるよりありえない。

そんなこんなでなんとか年越しまでは起きていたものの、割と早めに寝ることに。もはや朝型人間のおいらにとって、朝の目覚めはバッチリ。2009年のスタートもさわやかに目が覚めた。今年もハッピーな一年になるはずだ。

そんな2009年の初日は熊の湯・横手山方面へ行くことに。この日も生憎の曇り空だったが、翌日晴れるという保証もない為、この日、横手山方面へ向かうことになった。

例年は朝一番で木戸池までバスで行き、スタンプラリーを終わらせて、またバスに乗って熊の湯に向かうのだが、今年は木戸池のリフトはスタンプラリーで免除になっていた為、寄らずにすんだ。バスから何気にチェックしてみると搬器はかかっているものの、リフトは動かしていない様子。修学旅行などの団体が来た時だけ動かすというような運用になっているのかもしれない。

ところでこの木戸池スキー場。昨年は、前夜に結構な雪が降った上に、朝一到着だったことでバリバリのパウダーゲレンデだった。何度か木戸池スキー場には来ていたが、木戸池スキー場をちょっぴり楽しいと感じたことを思い出す。しかし、いくらちょっぴり楽しかった思い出があってもスタンプラリーで用がなければ寄ることなんてありえない。

こうして木戸池をスルーして熊の湯ゲレンデでおいらの2009年スキー生活は始まった。



(つづく)


posted by でびるくん♪ at 00:23| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。