2009年07月02日

子連れハワイ旅行記 その1

良い子のお茶の間の皆さん、こんにちは。
およそ2ヶ月ぶりのご無沙汰でしたが、いかがお過ごしだったでしょうか。


ところでマイケルジャクソン死んじゃったねぇ。ほんとびっくり。
我々夫婦はマイケルジャクソンが亡くなったことを伝えるワイドショーでは必ずといっていいほど流れるスリラーのPVを見てスリラー踊りをすることは言うまでもありませんが、そんな両親を、もうすぐ2歳になる我が家の坊主♪は非常に迷惑そうに眺めております。「そんな親でええのか?」という声が聞こえてきそうですが、我が家の子育てのモットーは



親を反面教師としてしっかりとした人間に育って欲しい




なので、こんな親でも特に問題ありまへん。いや、むしろ子供のためにもだらしない親を演じなければなりません。


えっ? それは地ではないのか?



・・・ま、そんなことはさておき、マイケルへの追悼の意を込め、我々悪魔♪一家はハワイへ行ってきました。
当初は石垣あたりに潜りに行こうかと考えていたのですが、かーちゃん♪に


ハワイと石垣どっちがいい?



と聞いたところ、ハワイが良いとのことだったので、今回はハワイになりました。まぁ、うちの坊主♪もまだ1歳だし今なら安く行けるってこともありましたが。



そして、こんな脱線だらけのハワイ旅行記がしばらく続きます。
まぁ、毎回のことですが、旅行記の初回は旅行以前の話で終わってしまいます。



追伸:
我々のマイケル追悼ハワイ旅行は5月でした。(爆)



(つづく)


posted by でびるくん♪ at 23:49| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

子連れハワイ旅行記 その2

 今までハワイには何度も行っているが、うちの坊主♪を連れて行くのは初めてだ。坊主♪はもう何度も飛行機には乗っているので、飛行機自体でどうこうということはないが、なにせ海外は初めてだし時差もある。よって色々なことを想定しておかなければならない。かーちゃん♪は色々と下調べをして飛行機で退屈させないグッズなどもゲットし、一応それなりの準備をして今回の旅行をむかえた。

 さて、今回は往路のみ事前座席指定ができたため、座席もちょうどよさそうなところを指定して行った。関空に到着し、チケットを受け取り、カウンターで荷物を預ける。カウンターのお姉さんが



幼児連れのお客様に最適なお席がございますが変更されますか?



・・・と勧めてくれたのがバシネットが取り付けられる席。バシネットとは赤ちゃん用のベッド。しかし、バシネットは体重が10kgの幼児まで。うちの坊主♪はもう12kgで必然的に無理。

 また、バシネットを取り付けるのは壁になるため、この席をゲットするということはすなわち前が壁の席ということになる。全ての機種でそうなっているかどうかはわからないが、前が壁の席というのは座席の肘掛にテーブルなどが収納されていて、肘掛が上がらないものがほとんど。今回は出発が22時くらいで寝る時間が多くなるだろうし、空いていれば肘掛をあげて坊主♪を横にして寝かせたかった為、事前予約した席のままで行くことにした。

 しかし、体重が10kg未満で、かつ2歳未満だったら使ってみるのも一つの手だと思う。ちなみに我が家の坊主♪が仙台に帰省した時に、試しにバシネットを出してもらったが、暴れん坊将軍のうちの息子がベッドでおとなしくしてるはずもなく、出してもらって5分後に片付けてもらう羽目に。あん時の客乗のお姉さん、えらいすいまへん。

ちなみにこれが昨年試しにつけてもらったバシネット。

080419-02.jpg


機種によって色々とタイプがあるがいずれにしても赤ちゃん用ベッドであることには変わりない。


いつもの悪い癖で、旅行記を書いても第3話くらいにならないと飛行機が飛び立たないこんなハワイ旅行記はまだまだ続きます。



(つづく)
posted by でびるくん♪ at 23:46| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

子連れハワイ旅行記 その3

ところでうちの坊主♪はまだ1歳の為、飛行機代やホテル代はかからないはず。にも関わらずパッケージツアーとなると2〜3万円かかるってのがどうにも腑に落ちない。空港諸税も別に取られているわけで、これって一体何の金額なんだろう。ま、それでも家族トータルで考えるとツアーで行った方が安いので致し方ない。

さて、カウンターで荷物を預けた後は、腹ごしらえ。ハワイに行ってまで日本食を食べる気はない我々は空港内でしばしのお別れとなる和食を夕食とした。その後、出国手続きをして搭乗ゲートへ。搭乗ゲート近くにはキッズコーナーがあり、坊主♪もそこで少し遊ばせることができた。それにしても他にもチビッコがたくさんいて、どうもみんなハワイへの向かうようだ。やっぱりハワイは子連れで行くにはある程度気軽に行ける海外ってことなのだろう。

さて、カウンターのお姉さんからも少し聞いていたのだが、機内は意外と混んでいて空席は少なかった。オフシーズンの上、新型インフルエンザの影響で空席だらけを予想していた我々にとっては少々意外だった。着席してしばらくすると、スッチーのお姉さんが坊主♪へのおもちゃとオムツを持ってきてくれた。おもちゃはいつももらうが、オムツまで持ってきてくれるとはなかなか気が利いている。



090718_01.jpg

右上のは、いわゆるマペット。うちの坊主♪は意外と喜んでた。


しかし、離陸直後は結構揺れた。結構揺れた為、機内食やドリンクがなかなか出てこなかったくらいだ。離陸して1時間を少し過ぎてからようやくドリンクサービスが始まった。ビール大好きのビーラーでびるくん♪は当然、まずはビールで喉を潤す。


090718_02.jpg


エビスビールを積んでいるところはさすがにJAL。ありがたやありがたや。この後、プレミアムモルツも頂き、いよいよ機内食。

機内食なんておいしくないというのが相場だし、
まっ〜〜〜ったく、期待していなかったわけだが、
皆の者、これを見よ。


090718_03.jpg



え?普通じゃないかって。
いやいや、左上に注目。



えっ?よく見えない?
しょうがないなぁ。じゃあ、アップで。


090718_04.jpg


そう、かの有名な堂島ロール。並ばないと買えないと有名なあの堂島ロールである。これはプチサプライズ。どれくらいプチかというと、どうせビリしか出てこないだろうと思っていた商店街の福引で、4等を引いたくらいのプチサプライズだ。えっ?4等って何等まであるうちの4等かって?さぁ、それはご想像にお任せします。



090718_05.jpg

関空限定だってさ。本当にフワフワでおいしかったよ。


そんなこんなの往路はおよそ7時間半。夜出発ということもあり寝ている時間が長い為か、行きはそれほど長いと感じなかった。こうして我々を乗せたジャンボ機は無事、ハワイホノルル空港に降り立った。



追伸:
我々の斜め後ろに座っていた3歳前後と思われるチビッコは、離陸直後の揺れでゲロゲロだった為、往路の目玉ともいうべき堂島ロールを食べられなかった模様。



降機時に、スッチーに


これ持って降りても大丈夫ですか?


・・・と聞くものの、検疫などの関係か



申し訳ありません。お持ち出しになることはできません。



と、断られていた。まぁ、生ものだし仕方ないのだろう。
こんなことなら無理してでも食っときゃよかったね。




(つづく)


posted by でびるくん♪ at 23:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

子連れハワイ旅行記 その4

そういや、前回はなかったのだが、今はアメリカにビザなしで入国するにはESTAという電子渡航認証システムで予め申請しておくことが必要だった。まぁ、ネットですぐにできるので特に問題ないのだが、忘れたら入国できない。いや、入国どころか飛行機自体乗れないみたいだ。成田空港などでは忘れた人向けに、空港にESTA認証用のパソコンが設置してあるらしいが、事前にちゃんとやっておくべきだろう。


さて、我々はESTAでの申請もきちんとしていたので、無事入国。
それにしてもハワイは入国審査官や税関職員も結構日本語を話す。
来るたびに全体的に日本語が巧くなっているような気がするのは気のせいだろうか。


空港ではホノルルまでのバスを待つ間にレイをかけられハワイアンなお姉さんと共に記念撮影。
我々はこういう商売には残念ながらのらない(要するに写真は買わないということ)が、後で買ってくれるお客さんもそれなりにいるんだろうなぁ。

20〜30分ほどしてバスに乗り込みホノルルへ。
バスの中ではオプショナルツアーの宣伝をガンガンやっていた。


そしてバスご一行様はDFS GALLERIA内にあるツアーラウンジへ。
ここで色々と説明があってから解散なのだが、説明といってもオプショナルツアーの宣伝が主。
説明は不要なので滞在中必要なもの(ホテルのカードキーやトロリーバスのフリーパスなど)だけを頂き、早々へホテルへ直行した。

そんな今回のホテルはオハナ・ワイキキ・ウエスト。道を渡るとすぐにFood Pantory(スーパー)があって超便利。
我々は基本的にはダイビングをしたり、街中散策がメインで、あまりワイキキビーチには行かないので、ビーチサイドのホテルよりこちらの方が便利に感じる。



一丁前に頭にサングラスをかけて外を見る坊主♪

090529-03.jpg



坊主♪くん、サーフィンですか?

090529-04.jpg




(つづく)
posted by でびるくん♪ at 23:16| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

毎日骨太

子連れハワイ旅行記はまだまだ続くのだが、今日は違うお話。


うちのかーちゃん♪は、あぁ見えて(どう見えて?)意外と文化人。
字はそこそこ上手だし、絵も上手い。ハングルなんかも少しはわかるし、そろばんも実は有段者。ピアノだって先生ができるくらいの腕前だし、図書館では世界史やら日本史の本を借りてきて読んでることもある。



かーちゃん♪って意外とソツなくなんでもこなすし、なかなかの勉強家だよなぁ。。



・・・と、感心していた、ある日の昼下がり。



どうやったら、そんなにコツコツできるん?



どうやったらも何も、コツコツはコツコツやるしかないよ。



な、なるほど・・・。





わかったようなわからないような答えだが、かーちゃん♪のこうした点については見習わなくちゃいけないなと普段から思っている。うちの坊主♪にはかーちゃん♪のこういったコツコツと地道に努力できるところが遺伝していればいいなぁと思うし、もし次に子供が生まれたら「努」なんて名前をつけてやってもいいかもしれない。

そして、そんなかーちゃん♪は最近、漢字に凝っているらしく、ここ数日は漢字のパズルみたいなのをやっている。



昔に比べて漢字が書けなくなってるからヤバイなと思って、買ってきたの。



ふーん、えらいね。






なんて会話をしていた昼食後の団欒も終わり、仕事に戻る前に少し喉を潤そうと冷蔵庫から牛乳を取り出した。



取り出したのはコレ

 ↓

090726_01.jpg



それって牛乳じゃないって知ってる?




ん? あぁ、低脂肪乳とか言うものかな。
さすが教養人のかーちゃん♪
そんなところも正確さを求めてるのか。

と思ったその時。










毎日コッタ (-_-)





・・・・・(-_-;) は?
まいにち・・・コッタ?










あたしって、しばらく本気で毎日コッタって商品名だと思ってたのよねぇ。



マ、マジですか、奥さん。




それが毎日ホネブトって商品名だとわかったときの衝撃具合と言ったら、野球のブルペンが外国人選手の名前じゃないってわかった時くらいの衝撃だったわ。






ナンテコッタ。 ┐(´ー`)┌





かーちゃん♪、やっぱり君は骨骨・・・いや、違った、コツコツ漢字勉強した方がいいね。



追伸:
いくらコツコツ努力ができる子供が理想でも、名前は骨太(コッタ)にしないことだけは間違いない。



posted by でびるくん♪ at 22:02| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。