2008年08月17日

扁桃炎

まだまだ手足のしびれも残りまくっている悪魔なおいらだが、このしびれは一生残るのかもしれない(泣)。

ところでギランバレー症候群のきっかけになったのかもしれない扁桃炎。何度か書いたが、おいらは実に立派な扁桃腺をお持ちだ。
1〜2年に一度、40度近くの熱が出るくらいだから、その大物ぶりは論を俟たない。



扁桃炎って慣れてたけど油断しちゃいけないねぇ。



へんとうえん?



そう、扁桃炎。


それって・・・




それって?








それって・・・・・









変な頭の縁?





・・・・・(-_-;)

変な頭なのはかーちゃん♪ぢゃないのかね?

それとも我々夫婦の縁が変な頭の縁ということか?
我々夫婦は赤い糸で結ばれたのではなく、変な頭の縁ということのようだ。




追伸:
そんなかーちゃん♪がこないだ図書館から借りてきた本のタイトルが

「自分を取り戻すための読書術」



どうやら彼女は自分を見失っている模様。
早く自分を取り戻してもらいたいもんだ。



posted by でびるくん♪ at 02:41| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

北京オリンピック

おいらは、この夏とっても忙しい。
にも関わらず、ついついテレビでオリンピックを見てしまう。
いや、ついついなどといったレベルではなく、かなり熱心に見ているといった方が正しいか。とにかく興味のある競技で、見られるものは全部見ていると言っても過言ではない。

競泳などはスピード感が丁度よいので見ている分にはすごく面白い。
北島選手の2冠には見ているみんなが大興奮したのではないだろうか。
メドレーリレーもメダルが取れてよかったが、北島選手の平泳ぎの早さがずば抜けていた。リレー競技と言うのは、運動会的な雰囲気があるせいか、見ていてもなんだか楽しい。

おいらは昔、陸上部に所属していたので陸上にも興味があり、こちらも結構な時間をご観戦。
100m×4のリレーで銅メダルをとったのはよかった。
バトンミスをする国が多かったのだが、それも実力。
リレーなのだから、しっかりとバトンの練習をすることも大切なはずだ。


個人的には競泳ではフリーのリレーよりも、メドレーリレーの方が面白い。4つの泳法が見られるし国によって得手不得手もあるだろうから、抜きつ抜かれつがあるようにも思う。

陸上でもメドレーリレーがあったらいいのに。。。
100m×4のメドレーリレー。

第1走者は通常走り。
第2走者はスキップ。
第3走者は後ろ向き走り。
そして第4走者は欽チャン走り。



欽チャン走りで圧倒的な強さを発揮する日本の金メダルも夢ではないかもしれない。
4年後のロンドンでメドレーリレーが正式採用される場合に備えて、欽チャンに弟子入りでもしようかと思う今日この頃だ。



追伸:
欽チャン走りでアンカーを走る予定のおいら。
ライバルがボルト選手なのは間違いない。



ラベル:北京五輪
posted by でびるくん♪ at 15:54| 大阪 ☔| Comment(1) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。