2007年09月20日

ハッキングされました

前回、息子宛の親展の封書を開けてしまった悪魔なおいらだが、我が家にはおいら以上の悪魔がいた。



そう・・・他ならぬ、かーちゃん♪である。



おいらもかーちゃん♪も地元の図書館を結構利用している。そんな図書館は昔と違って結構ハイテク。本の予約や貸出状況などもネットで全部できるのだから便利なもんだ。(もっとも実際に借りたり返したりするのは図書館に出向かなければならないが・・・。)

しかし、そんなおいらも図書館を頻繁に利用しだしたのは最近のこと。それまでは図書館の利用者カードもほとんど使うことがなかった。たまに使う時もかーちゃん♪に本の貸し借りをお願いしていたので、おいらの図書館利用者カードは基本的にかーちゃん♪が持っていた。

そんなある日、図書館の蔵書をネットで予約する必要があった。



俺の図書館の利用者カードある?



あ〜、あるよ〜。
けど、今は手が話せないから後からでもいい?




いいけど、できたら急ぎで頼むわ〜



何に使うの?



本の予約すんねん



あ〜、じゃあ利用者番号がいるのね?



そうそう



利用者番号は○○○○○○だよ〜



あ・・・そ、そう? よくそんなの覚えてるな〜。






うちのかーちゃん♪はもしかしたら記憶の天才?

・・・と、ちょっと見直してみたりした。





こうして、無事、利用者番号を入力したのだが今度はパスワードが思い出せない。



うーん。/(-_-)\




うーん。/(-_-)\





うーん。/(-_-)\







どうしたの?



パスワードを忘れた。(-_-;)



あ〜、パスワードねー。







パスワードは○○○○○○だよ〜





・・・・・え?

おれ、パスワードって教えてたっけ?




え? いいや。
たぶんこのあたりだろうって適当に入力したら入れたのよね〜






・・・・・(ーー;)

「入れたのよね〜」ぢゃねーよ。


それはハッキングというのだよ、おくさん。






おいらの図書館利用者カードのパスワードを破っておきながら悪びれもしないかーちゃん♪を、もしかしたら記憶の天才かもと見直したことに後悔したものの、とりあえず無事に図書館のサイトに入ることはできた。



そして、お目当ての本を予約しようとした時、



予約件数をオーバーしています。こちらで確認して下さい


というエラーが。



予約件数をオーバー?



そんなバカな、と思い、画面を確認してみると、料理の本やらエッセイやらがずらっと予約済みで並んでいる。





も、もしや・・・(ーー;)



かーちゃん♪ 俺の図書館利用者カードで本の予約とかした?



え? あ、うん、したした。





・・・・・(ーー;)

「うん、したした」、ぢゃねーよ。






あれ?いっぱいになってる?
あ〜、ごめんごめん。
どれかキャンセルしていいよー。






どうやら、自分の分だけでは予約するのも借りるのも足りないらしく日常的においらのカードも利用してようだ。料理の本くらいならともかく、女性モノのファッション雑誌とかをおいらの名前で予約するのだけは勘弁してくらはい。(T_T)


そんなかーちゃん♪も、最近は、おいらが頻繁に図書館を利用するせいか、自分の図書館利用カードだけでやりくりしているようだ。



追伸:
先日、息子と共に退院したかーちゃん♪は、


そうかぁ、子供の名前で図書館のカード作れるなぁ


・・・と悪魔のようにほくそ笑んでいたことは言うまでもない。(-_-)

子供の名前で「おいしい梅酒の作り方」などの本を借りないようにくれぐれもお願いします。




このブログのトップへ

posted by でびるくん♪ at 03:55| 大阪 ☀| Comment(7) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。