2006年03月01日

全日本スキー連盟

 トリノオリンピック終わりました。日本は結局メダル1つ。フィギュアスケートは何年も前からの強化策がようやく実を結んだらしい。次回のバンクーバーも楽しみだな、こりゃ。

 ところでレジャー白書〈2005〉などを見ていくと、スキー人口はピークだった93年(1,700〜1,800万人)から年々減少している。今はスノーボーダーの方が多いくらいだが、ボードとスキー人口を両方併せても、93年程はいない。


 若い人はご存じないだろうが、確かに12〜3年前のゲレンデの混雑は凄まじかった。リフト1本乗るのに、20分待ちなんて当たり前。混んでると30〜40分待ちなんてのもあった。大学の体育でスキーに行って、先生に混雑リフトをなるべく早く乗る方法なんてことまで教わった記憶もあるくらいだ。しかし、今や10分待ちなんてのも殆ど無いだろう。

 また、当時は私をスキーに連れてってが流行り、スキーが下手ではゲレンデで恋も生まれやしないと思い、大学生のおいらは、それなりに一生懸命練習もしたもんだった。


 数年前に全日本スキー連盟(SAJ)の1級も合格したし、私をスキーに連れてってで出てきたような片足滑りなどもできるくらいに、スキーは上達したものの、今やゲレンデは閑古鳥状態で、ドキドキする場面さえ無いってわけだ。

 来るべきスキーブームに備えはバッチリだが、ま〜、おいらは結婚しているので、別に今更スキーブームが来てもどうにもならない。

 それよりも、いずれ再来する(・・・かどうかはわからないが)スキーブームに備えて、混雑時は30歳未満不担保ならぬ、30歳未満は乗れないリフトやゴンドラを作ってくれる方が、おいらとしてはありがたい。

 今度、鉄骨王のかーちゃんと、鉄筋王のJさんにお願いしておこう♪



追伸:
おいらは確かに1級に合格したが、合格証には

 全日本スキー連盟
 会長 堤義明

と書いてある。当時の全日本スキー連盟の会長が西武の堤義明だった為だが、
おいらの1級は(一応)粉飾や疑惑はないので、偽メールのコピーで追求するのだけは勘弁してくらはい。 by たけべ



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 22:14| 大阪 ☔| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

コーヒーのダイエット効果?

 おいらはコーヒーが大好き♪

 結婚の時に、かーちゃんの友達からもらったコーヒーメーカーは今も我が家で大活躍。唯一の難点は豆を挽く時の音が掃除機の音に似ていることだが、まぁ、そんなに大した問題ではない。挽きたての豆で入れたコーヒーはやっぱりおいしいので、ほんとに大満足している。


 ところで、そんなコーヒーは最近では色々と見直されてきているようで、こないだ新聞では、がん予防の効果があるとか、糖尿病などの・・・



 今、「糖尿病」などの・・・の、「糖尿病」のところを
 ミスタイプして、「当女房」と打っちまっただ。。。(>_<)







あれ? なんの話だっけ? (・_・?)



あ、そうそうコーヒーの効果の話だ。

がん予防とか糖尿病などの生活習慣病にも一定の効果があるって新聞に書いてあった。



 さらにダイエットにも効果があるらしい・・・だってさ。



おいらも、ダイエットの為に、これからもせっせとコーヒーを飲むことにしよう♪





追伸:
先日、布団に入ったばっかりの、うちのかーちゃんが布団で唸っていたので、



 どうかしたの?



と聞いたら・・・







 コーヒー飲みすぎて眠れないの。(-_-#)






と仰っておりました。



しかし、かーちゃんは布団に入る直前まで、コタツで
グーグー寝てたことをおいらは知っている。
そのことを指摘すると、かーちゃんは・・・












コタツは別物なのよ。(-_-)





何が別物なのか全くもって意味不明だが、うちのかーちゃんは
こんな台詞を堂々と口にする、恐るべし当女房なのであった。



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 23:42| 大阪 ☁| Comment(6) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

スチュワーデスの本音

 久しぶりの更新♪

 処理すべきメールがいっぱい溜まっていて、ブログなんて書いている暇は無いはずなのに、書くネタはいっぱい溜まってる悪魔くん♪です。おいっす。


 さて、先週末から、かーちゃんの実家のある宮城へ帰省。ついでに山形蔵王温泉スキー場へ行ってきました。いや、どちらかと言うと、蔵王にスキーに行くついでに帰省したと言った方が正しい表現かもしれない。(-_-;)


 行きは伊丹空港(大阪国際空港)を朝一番出発で、とっても早起き。5時半起床だった。前日は3時過ぎまで仕事をしていたので、実質の睡眠時間は2時間くらい。眠くてとても辛い。

 搭乗便はANA。今まではANAを使ってもJALを使ってもどちらでも良い時はJALを使っていた。ご存知の通り、かーちゃんがANA系の乗務員だった為、ANAは仕事の延長みたいな気がして嫌だと言っていたからであるが、もう仕事を辞めて3年以上になるので、そんな感覚も薄れたことや、昨今のJALの不祥事の多さで、これからはANAメインとなる予定の我が家である。


 朝も早かったので、家からはタクシーで空港に向かった。伊丹空港(大阪国際空港)は羽田空港同様、ANAとJALでターミナルビルが分かれている。どちらに乗るかでターミナルビルが変わるので、タクシーに乗るといつも運転手に



 JALですか? それともANAですか?



と聞かれていたが、今回は



 ANAですか?



としか聞かれなかった。もしかしてタクシーの運ちゃんでさせ、JALの搭乗客が減っていることを感じているのかもしれない。



 ところで、今回、我々夫婦は、ANAの「超割」のチケットを取って行ったので、大阪空港−仙台空港が一人片道¥10,400だった。この値段で仙台まで行けると考えればやっぱり安くてお得だと思う。


 ところで、そんな「超割」は、当然、航空旅客需要の閑散期に設定されているわけだが、閑散期とはいえ、これくらい安いと需要も相当あるようで、「超割」の時期は飛行機も混むようだ。乗客が多い時は忙しいらしく、


 元客室乗務員のかーちゃんは、



あたし、「超割」の時期に合わせて有給取ることを真剣に検討したもん。



と言っていた。


 スチュワーデス的には、修学旅行生が乗ってきた時もすごく大変らしい。なんでも、飲み物をガブガブと何杯もおかわりするらしく、文字通り目が回るほどの忙しさなのだそうだ。ま〜、修学旅行だと学生も浮かれているだろうし、ほんとは喉がそれほど渇いているわけではないのに何杯も飲もうとするのだろう。


 ちなみに、乗客が少ない時はほんとに乗務も楽なのだそうが、満席でも、とても楽な乗務もあるらしい。みなさん、どんな時だかわかりますか?


 長くなってきたので、答えは次回・・・。




このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 22:48| 大阪 | Comment(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

元スチュワーデスの暴露話 その1

 おいらとかーちゃんの仙台帰省話(蔵王スキー話)はまだまだ続くのだが、前回の続きを書かねばなるまい。

 前回、スチュワーデスは乗客が多いと乗務も大変だと書いた。

 単純に考えて、乗客が多いと飲み物のサービスで全員回るのにも時間がかかるし、必然的にお客さんからの色んなリクエストも多くなる。時にはクレームだって多くなるだろう。だから、乗客の少ない時は、ガラガラのレストランのウエイトレス同様に暇で楽って事になるようだ。


 そんな話を空港に向かうタクシーの中でしていた我々夫婦。すると、元CA(キャビンアテンダント)のうちのかーちゃんが、ふと呟いた。





 でも、台風の時は乗務も楽だったわ。







・・・へ?

なんですと? (・_・?)



台風の時って飛行機も揺れるし、大変なんじゃないの?





しかし、CA的には違うらしい。

どれだけ満席でお客さんが多くても、飲み物のサービスは不要・・・というか危険の為できない。ベルト着用サインも出っぱなしなので、離陸から着陸まで座っていれば、仕事が終わる。お客さんに呼び止められることも無い。国内線では大体一日3〜4便の乗務なのだが、アナウンスの担当でなければ、ほんとに座ってるだけで時間が過ぎる。思わず寝そうになることもあるくらい・・・らしい。


ま〜、飛行機がガンガン揺れてるのに寝そうになるCAはやっぱりツワモノだが、なるほど頷ける。



たとえ、アナウンス担当でも、「本日は台風による天候不良の為、飲み物のサービスは控えさせて頂いています。ご了承下さいませ」などとアナウンスを入れればよいだけの話だ。





ところで、おいらは、ふとこんな疑問が涌いた。


ベルト着用サインはずっと点灯しているが、どうしても体調が悪くてお腹壊してたらどうなるんだろう?



 トイレ行けるの?

 やっぱ無理だよね?

 でも、腹壊してピーピーだったらどうすんの?






 ま、まさか・・・









 おまる?





 いやーん





皆さんも気になりませんか?



・・・というわけで、今回も長くなったので、
おまるを使うのかどうか、気になる話の続きは次回に。。。



追伸:
あ〜、いつになったら仙台帰省話は終わるのだろう。
書くこといっぱいあるのに・・・。(-_-;)
まるで懸賞ハワイ旅行記の時のように脱線しまくりのごみブログなのであった。



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 22:02| 大阪 ☁| Comment(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

元スチュワーデスの暴露話 その2

ところで、おいらは、ふとこんな疑問が涌いた。


ベルト着用サインはずっと点灯しているが、どうしても体調が悪くてお腹壊してたらどうなるんだろう?



 トイレ行けるの?

 やっぱ無理だよね?

 でも、腹壊してピーピーだったらどうすんの?






 ま、まさか・・・









 おまる?





 いやーん





・・・というわけで(どんなわけだか・・・)、さっそく、かーちゃんに聞いてみた。



まず、台風時などは


 本日は台風による天候不良の為、離陸後は化粧室のご利用ができません。離陸前にお済ませ下さい。



などのアナウンスを離陸前に入れたりすることもあるらしい。



しかし、食い下がるおいら。


それでも、朝からずっとお腹壊してて、どんだけトイレ行ってもピーピーだったらどうするのさ?





そんなお客さんは当然、CAを呼ぶサインボタンを押す。CAが座ってる椅子から、そのお客さんが近ければ、大きい声で会話もできるが、少し遠いとそうはいかない。お客さんも当然、CAが席から離れられないのは知っているから、一生懸命ジェスチャー。



 お腹いたい

 トイレ行きたい






 こんなジェスチャーを、腹を壊してトイレに行きたいという極限状態のなかでやってる乗客も相当必死なのだろうが、ちょっと笑ってしまうかも。。。

 ま〜、でも、その必死さは一応CAには伝わる。優しいCAだった場合はコックピットに連絡を取ってくれる。機長に一瞬でも離席してトイレに行けないかどうかを聞いてくれるのである。

 運がよければ一瞬だけの離席、トイレは許可される。しかし、許可されない場合も多いだろうし、どんなCAでもコックピットに連絡を取ってくれるとは限らない。なにより、そんな猶予さえ無く一刻を争う人もいるだろう。





そんな時はどうするの?



そう問うたおいらに、かーちゃんはこう言った。




どうするもこうするも、こちらの制止も振り切って、勝手にベルトを外し、席を立ち、トイレに入っていくツワモノもいるよ。

   ※良い子の読者の皆さんは決して真似しないで下さい。



ま〜、その人にとっては、台風以上にエマージェンシーなのだろう。



かーちゃん曰く、こんな場合はCAとしては懸命に制止したが、お客さんの方が聞いてくれなかったということで、事故があっても責任は負えないってことになるんだろうとの事。



皆さんも台風時、飛行機に乗るときは簡易用おまるをお忘れなく。(-_-)



追伸:
実はこの話にはまだ続きがある。

CAはたまに移動目的で他社の便に乗ることもあるとのこと。時間的な余裕にもよるのだろうが、半分制服で(要は自社の制服の上に何か羽織っているだけのような状態で)乗る場合もあり、うちのかーちゃんが乗務している便に当時のJASのCAが乗ってきた時のこと。



今回書いたように、ベルト着用サインが出ているのに、ベルトを外し、血相を変えてトイレに駆け込む女性。



 かーちゃん♪ > 今の・・・(JASの)CAだよね?
 同僚Aさん  > ・・・うん。たぶん。




こんなことがあったそうだ。
JASのCAさん、せめてジェスチャーくらいしておくれ。(-_-)



追々伸:
このようなCAの暴露話が

 伝説のスッチー+α
 無敵のスッチー


という漫画にたくさん書かれています。面白いのでよかったらどうぞ。
漫画に描かれていない暴露話や裏話なども、このブログで書ける範囲で追々書いていこうと思います♪


 ま〜、とはいえ、書けない様な話もいっぱいありますが・・・。


ちなみに「伝説のスッチー+α」や「無敵のスッチー」の中に出てくるハチャメチャCAは実在する人物です。本名は「い○○○○○」さんという方ですが、さすがに本名までは書けまへん。



このブログのトップへ

posted by でびるくん♪ at 18:27| 大阪 ☀| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

仙台のおススメの牛タン屋

 さて、一頻りスチュワーデスの暴露話などを書いたが、話を元に戻して大阪から仙台への帰省(山形蔵王スキー)の話の続き。

 我々夫婦は朝一番の大阪国際空港発の便で仙台へ。


 去年もそうだったが、今回も行きはとても天気がよくて景色が良く見えた。



おぉー、かーちゃん。御岳スキー場が綺麗に見えるよ♪



しかし、かーちゃんは冷静にこう言った。



なんで、ゲレンデの名前まで言えんのよ。(-_-;)



だって、ほら。
あのゲレンデの形は御岳だべさ。






 ま〜、おいらだけでなく、おいらが入っているスキーサークルのメンバーは飛行機の上からゲレンデが見えたら、その形から大体どこのスキー場かがわかる。しかし冷静に考えるとこれはイタイ話かもしれない。スキーバカにも程があるってもんだ。


 仙台空港に着くと、空港の前が何やら工事中。今までは仙台空港から仙台駅などへはバスなどの車を使うしかなかったが、どうやら空港まで電車が来るようだ。とはいえ、今回はまだ工事中。バスで仙台駅へ。大学時代を仙台駅近辺で過ごしたうちのかーちゃんは懐かしそうにしていた。


 仙台の商店街をプラプラしながら、かーちゃんの実家にいる犬への土産を購入したが、伊丹空港で買った義父母への土産の方が安かったからこれまたイタイ話。

  (→o←)ゞあちゃー


 プラプラした後はさすがに腹が減ったので、昼飯は牛タン屋へ。かーちゃんお勧めの「きすけ」という店は実は今回が2回目。前回と同じ「牛タン焼定食」を注文。牛タンももちろん美味いが、スープもなかなかの味♪
 仙台に行った際は是非、行ってみてくらはい。

 ⇒ http://www.gyutown.com/gyu_shop/kisuke/index.htm



 しかし、かーちゃんの方向音痴ぶりにはビックリだ。おいらは結婚が決まった時に初めて仙台を訪れたわけで、仙台近辺は今回でまだ5回目くらい。にも関わらず、道案内をおいらがしているのも摩訶不思議な話。


 そんなこんなで牛タンを食べた後、実家の方へ向かった我々夫婦であった。


(続く)



追伸:
最近、忙しくて、なかなかブログの更新が儘ならない悪魔くん♪ですが、またも明日からは韓国スキーに出かけてきます。書くべきネタはいっぱいですので、帰ってきたらまた報告します。今後のブログ記事予定は・・・


 仙台帰省(蔵王スキー)話の続き

   ↓

 野沢温泉着ぐるみスキー話

   ↓

 韓国スキー話



う〜ん。/(-_-)\
スキーの話ばっかりだ・・・(-_-;)

しかも韓国スキーの記事がアップされる頃には、
もうすっかり春になってることは間違いない。(-_-;)



このブログのトップへ

posted by でびるくん♪ at 16:31| 大阪 ☀| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

あ〜、んだんだ

 でびるくん♪@韓国から帰ってきました。

・・・が、韓国のお話はまた後日にして、先日の話の続き♪



 街中をプラプラとし、美味い牛タンを食って、ようやく実家の方に向かった我々夫婦。高速バスで実家方面へ向かい、途中でお義父さんに車で拾ってもらった。

 実家に帰る前には、おばあちゃんのお見舞いに。このおばあちゃん、90歳になるのだが、実に元気。髪も黒くとても90歳には見えない。数年前に脳梗塞になったのだが、同じ脳梗塞になったおいらの実の父よりもずっと元気だ。


 ただ脳梗塞の影響も少し残っている。



おばあちゃん > あんだだち、いつ来たの?
でびるくん♪ > 今日ですよー。
おばあちゃん > あ〜、そ〜。んで、いぐづ、泊まっていぐの?
でびるくん♪ > 3日ですよー。
おばあちゃん > あー。3日。んだー。山さ行ぐの?
でびるくん♪ > そうそう、スキーに行くんですよー。
おばあちゃん > あ〜、スキー。んー。




おばあちゃん > ・・・んで、あんだだち、いつ来たの?
でびるくん♪ > ・・・きょ、きょうですよー。
おばあちゃん > あ〜、そ〜。んで、いぐづ、泊まっていくの?




・・・とこんな具合に、同じ会話がずっと繰り返される。おばあちゃんは大真面目なのだが、ドリフのコントそのままでこちらは可笑くてしょうがない。プログラムで言うと無限ループに入ってるわけだが、とにかくよく話して下さり、ほんとに元気そのもので、とってもかわいいおばあちゃんなのだ♪



 しかし、よく話すおばあちゃんの影響もあってか、おいらもブログも東北の訛りがひどくなっていぐのであった。あ〜、んだんだ。



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 22:40| 大阪 ☔| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

極道息子

 さて、おばあちゃんを見舞った後、いよいよ、かーちゃんの実家へ。

 1年半ぶりの帰省の為か、おいらにとっては世界一かわいい犬のKちゃんも、さすがにおいらを覚えておらずに吠えられまくった。まぁ、すぐに懐くので問題ないが・・・。


 それにしても、どうして嫁の実家はこんなに居心地がいいのだろう。まさに至れり尽くせりのおもてなしだった。



お義父さん > ○○くん、ビール運ぶの手伝って。
でびるくん > あ、はい。喜んで〜♪




 ・・・と、どっかの居酒屋で聞いたような台詞をはいたおいらだが、嫁の実家に行って働いた(・・・といえるかどうかは甚だ疑問だが)のは、これ一回きり。しかも、ケース丸ごとビールが残っていたのは、おいらの為に頼んでおいて下さったのだろう。忝い限りである。

 寿司まで取ってもらった上にビールは飲み放題。お義父さんが次から次へとビールを注いで下さる。まぁ、遠慮知らずなおいらは、注がれれば注がれた分だけ飲む傍若無人ぶり。

 うちのかーちゃんは3人姉妹で男兄弟が居ないこともあるし、お義父さんも義理の息子とはいえ、一緒に飲むことが嬉しいだろうし、これも親孝行と、極めて身勝手な解釈で、酒にどっぷり、お腹はちゃっぷちゃぷだった。



 しかし前日寝不足だったおいらは、まもなくオネムモード突入。



あぁ、眠くなってきた。



と目をこするおいらに、お義母さんは・・・



ちょっと仮眠でもしてきたら?



と優しく気遣って頂き、またも傍若無人なおいらは、



では、遠慮なく・・・(-_-)



と、既に布団が敷いてある横の部屋で1時間強仮眠。
相当、ガーガー寝ていたことは間違いない。


しかも、目覚めると、風呂も入らずに両親は待っていて下さって、



お風呂、先どうぞ (^-^)/



とても恐縮しているにも関わらずに先に風呂に入ってしまったおいらだが、さらに風呂上りに待っていたものは



寝酒にする?
それともアイスにする?




という、お義母さんの優しい一言だった。



そ、そんなお気遣いなく・・・( ̄Д ̄;



と一度は遠慮してみたものの、結局







じゃあ、アイスで (-_-)



と、甘えっぱなしの極道息子は親孝行一つせずに翌日はかーちゃんと二人で山形蔵王スキー場へ飛び出していくのであった。

(つづく)



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 20:02| 大阪 ☀| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

蔵王名物の樹氷、アイスモンスター

 家で一泊した翌日、山形蔵王温泉スキー場へ向かった我々夫婦。

 今回は、かーちゃんの実家で車を借りたわけだが、タイヤは新品のスタッドレス、ガソリンも既に満タンになっているパジェロミニ。当然、四駆にもなる。ほんとに至れり尽くせりで、親に甘えっぱなしだ。

 それにしても今回の帰省で実感したのが、スキーというスポーツは大阪に住んでいる人がするスポーツではないな・・・、ということ。なんてたって、かーちゃんの実家から山形蔵王スキー場まで2時間弱で到着する。日帰りでも十分楽しめるし、8時に家を出ても10時くらいには着く。夕方6時にスキー場を出ても8時には家に着く。朝食と夕食を家で食べても十分時間があるわけだ。

 日付が変わる前に家を出て、夜通し、車で走って、眠い目をこすりながら滑るのとは訳が違う。これを読んでいるスキーサークルの皆さん。見てますかー?


あなたたちは、本当にイタイ集団だと言うことを自覚するように。(-_-)



 そんな「近場」の蔵王温泉スキー場へのスキーだったが、極道娘&息子の我々夫婦は、親を招待もせずに自分達だけで楽しむ、これまた傍若無人ぶり。しかも蔵王に1泊2日。あぁ、親不孝をお許し下さい。あーめん。



 ちなみに初日は快晴で、蔵王名物の樹氷がとても綺麗に見えた。



本邦初公開、「樹氷をバックに写真撮影の悪魔くん♪」
060327.JPG



(つづく)



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 22:28| 大阪 | Comment(1) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

レンタカーでもありません

 蔵王温泉スキー場には去年初めて行って、実は今年が2回目。しかし、おいらはすっかりこの温泉&スキー場が気に入ってしまった。

 蔵王は樹氷(アイスモンスター)がとても有名で、一般の観光客も普通にロープウェーとかに乗って観光してる。一眼レフを持った本気カメラマンも多い。スキーヤーにとっても、ゲレンデは広いし、割とすいているので満足度も高い。温泉もGood♪ 強酸性の温泉で苦手の人もいるかもしれないが、おいらはこんな温泉が大好き♪ おまけに、「玉こんにゃく」という山形の名物がこれまた美味い!

 こんな蔵王を一日目は快晴の中、楽しむことができたのだが、二日目は残念ながら悪天候だった。特に山頂部はガスがかかっていて視界も悪い。とりあえず昼飯にしようということで、前日から狙っていた店に。店の名前は忘れたが、片貝リフトというリフトをあがった所にあるゲレ食へ。ここの鍋焼きうどんは美味くてお勧め。でも、席数が少ないので、時間をずらして行った方が無難。

 ゲレ食でしばらくマッタリしていたが、視界が晴れてくる様子もなく悪天候は続きそうだったので、かーちゃんと相談して、二日目は早めに帰ることにした。下山して、宿で温泉に入ってから帰路へ。



 実家近くで、お義父さんと合流して帰ったのだが、



途中でガソリンを入れるのでガソリンスタンドに寄って下さい



と言ったおいらに、お義父さんは



家まで持たないかい?



そんな、お義父さんにおいらは、



いや、家までは一応持ちますが・・・



と、答えると、



じゃぁガソリンは入れなぐでもいいがら。(-_-)



と言われ、なんと図々しいことに、満タン借りの空返しというレンタカーでもあってはならない事態。(>_<)



お義父さん、お義母さん、おいらがビックになったら必ず恩返ししますから。



・・・と、固く心に誓った悪魔くん♪だが、家に帰った時は、やっぱり前々日と同様に注がれるがままにビールを飲みまくり、おまけに夕食はゴージャスすき焼きを鱈腹ご馳走になったおいら。
 お前には遠慮という概念がないのかという批判が起こっても不思議ではない今日この頃である。(-_-)



(つづく)



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 20:40| 大阪 ☀| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

ちょっと微熱が・・・

 さて、3泊4日とはいえ、間の日はスキーにどっぷりだった親不孝な我々夫婦の帰省も最終日。

 この日の朝は、愛犬Kちゃんの散歩。


これがKちゃん。

060331_01.JPG



 おいらにとっては世界一かわいい犬のKちゃんはシェットランド・シープドックという犬。シェットランドはスコットランドにある島の名前。シープドックとはその名の通り「牧羊犬」。つまり、シェットランド出身の牧羊犬ということになる。また、シェットランド・シップドックは別名、シェルティーとも呼ばれているらしい。


 このKちゃん。一番かわいい時期に訓練に出していただけのことはあって、とってもお利口さん。毎回、帰省した最初は吠えられまくるが、すぐに馴れて、お座りやお手や伏せなど何でもやる。当然、ご飯の時も「待て」で待つし、「よし」というまで食べないので、とってもいじらしくてかわいくて仕方ない。散歩に行っても、信号待ちでは、「お座り」というとちゃんとお座りしてくれる。


 でも、かーちゃんの言うことはあんまり聞かない。(爆)



きっと酔っ払ったかーちゃんを見たら、Kちゃんも言うことを聞くに違いないのだが、シラフのかーちゃんは優しすぎるのだろうか。



 そんなかーちゃんとKちゃんの散歩に行ったのだが、ついでに近所の親戚に挨拶回り。しかし、Kちゃんはいつもあっちこっちで色んな物をもらっていることが判明。


 あ〜ら、Kちゃん。今日もミルク出してあげるねー



とか



 Kちゃんのおやつ、今日は無いの。ごめんねー。



などなど。なかなか食いしん坊のKちゃんなのだが、おいら同様太りすぎには注意が必要だ。そんなこともあってか、自分の家でペットを飼っていない我々夫婦は自分達が飽きるまで散歩となり、結局1時間半近く散歩していた。



 ながっ (>_<)



 そんなKちゃんと近所のワンちゃんの2ショット。

060331_04.JPG

今日はどうかしましたワン?

えっと、ちょっと微熱が・・・。






060331_03.JPG

どれどれ?

いや、別に熱なんかあれへんよ。






060331_02.JPG

いや、仮病でも使わんといつまでも散歩させられまんねん。

な、なるほど・・・。おたくも大変でんな。




 ・・・と、こんな会話をしていたかどうかは定かではないが、Kちゃんとの散歩はとても楽しいひとときだった。我々夫婦は、そんなKちゃんに後ろ髪を引かれる思いで、実家をあとにし、大阪に帰ってきたのであった。



このブログのトップへ
posted by でびるくん♪ at 15:31| 大阪 ☀| Comment(3) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。