2005年08月02日

軽くヤバイ

今日も元気にごみブログ♪

 ま〜、読んでも読まなくてもどうでもいいような、ごみのようなブログを書き出してから2ヶ月以上経つが、おいらはどうしてこんなに毎日が楽しいかといつも思う。

 それは楽しいかーちゃんと楽しい友達と楽しい自分と、テニスとスキーとダイビングと阪神タイガースが一番やー。いつもいつもあ〜りがとさ〜ん。


 そして、今日も読んでも読まなくてもどうでもいいようなお話。


 最近、工藤静香さんとか観月ありささんが出てるCMで、「軽くやばい」ってのがありますが、「ほんとにヤバイのか、君たち」とおいらは言いたい。きっと世の女性方を「軽く」敵に回しているような気がしてならない。



  あんた達が「軽く」やばかったら、私は「かなり」やばいわ。



 そんな世の女性の声が聞こえてきそうだが、おいらも同感でござる。例えば伊藤英明が出てきて、お腹をつまんで軽くヤバイと言ったら、おいらのお腹はかなりヤバイ。おいらのお腹もヤバイが、こんなことを書いてしまったおいら自体も、ファンの皆さんから叩きのめされそうでかなりヤバイ。


とにもかくにも、ダイエットは永遠のテーマなのだ。





 しかしそんなおいらもアメリカ人のダイエットは理解できない。

アメリカと言えばコーラだが(え?そうなんですか?(>_<))、
アメリカ人はお腹周りを気にしてダイエットコークをチョイスする。
しかしそんなYouにMeは言いたいあるね。


  いくらダイエットコークをチョイスしても、あれだけビッグなピザと
  ダイエットコークを1Lも飲んだら太るにきまってるだろう。
   
  ダイエットコークをチョイスする前に量減らしやがれ、
  このすっとこどっこい。こちとら江戸っ子でぃ。




 そんなダイエットの順序を間違っているあなたは、間違いなく「かなりやばい」ですから。残念!




追伸:
おいらの体重も、ある程度まで上昇したら安全停止しませんかね?

 ダイバーなんですけど、ダメ?

  あ、そう。(T_T)



posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

かーちゃんも軽くヤバイ

うちのかーちゃんは、とても経済的です。


  え? なにが?


お酒に関してです。梅酒を一合も飲むと、もう超ごきげん♪


  えぇの〜、お前はそんなんで、すぐ気持ちよくなれて



と毎回思う。そんなうちのかーちゃんだが、前出のダイバーなりたて働き蜂のKさんのブログに、「私ダイバーになったよ」が掲載されたその時、我が家は酒盛り中だった。


 でびるくん♪ > おぉーーー、かーちゃん。
          遂にKちゃんがダイバーになったよ。

 かーちゃん♪ > えっ、マジ?見せて見せて♪





もうすでに、かーちゃんはごきげんである。



 かーちゃん♪ > ねーねー。何かコメント書こうよ。
 でびるくん♪ > ええよ。
 かーちゃん♪ > 何書く?





そんなやり取りを数分続けていたのだが、そこは既にご機嫌な、かーちゃん。



  かーちゃん♪ > あ〜眠い。もう無理。おやすみ。
  でびるくん♪ > あ、あぁ。。。





な、なんじゃそりゃ?
あんだけ盛り上がっといて、もう寝るんかい?
仕方ない。おいらも寝るか、と洗面所まで歯磨きをしに行った。



そして寝ようかと思って寝室へ戻ろうとした、その時・・・
リビングで、なにやらパソコンを立ち上げる音が。
そう。なぜか、寝たはずのかーちゃんがパソコンの前に。



  でびるくん♪ > あれ? 君、寝たんちゃうん?



  かーちゃん♪ > 呼ばれて飛び出てぢゃぢゃぢゃぢゃーん。





  ・・・(ーー;) 何言うとんねん。




 しかも、ハクション大魔王って、また・・・ふるっ。(>_<)





 でびるくん♪ > あのぉ・・・
          俺、くしゃみしてないんですけど。。。(-_-)




 かーちゃん♪ > え? 呼んだ?






  ・・・(ーー;)  だから呼んでねーって。



そんな我が家は年に数回、沖縄にダイビングに行きます。当然夜は泡盛やらオリオンビールで乾杯するのですが、ダイビングができることでタダでさえ、ご機嫌なうちのかーちゃんは、酒でさらにご機嫌に。



 お前は窒素酔いか?



そんな年中窒素酔いの、うちのかーちゃんの酔い方は、かなりヤバイです。



posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?

皆さんは今、売れに売れている書籍、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」をお読みになっただろうか。

 おいらは実は、以前、会計システムのコンサルタントをやっていたこともあり、会計にはめっぽう強い。。。と言いたいところだが、会計はいくらやっても難しくて、まいっちんぐマチコ先生なのだ。

 この本は、副題として「身近な疑問からはじめる会計学」と書いてあるが、会計の本ではなく、一つの読み物としては非常におもしろかった。大体、おいらも会計学を学ぼうと思ったのではなく、


  「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」


 という疑問を解きたかっただけなのだ。



そして、そんなこの本の中に、こんな文言があった。



  =====以下、引用=====
 先日、ひさしぶりにこのさおだけ屋を見かけたのだが、よく考えてみると、
子供の頃から一度もさおだけ屋からさおだけを買ったことがないし、また、
買っている人を目撃したことも、買ったという話を聞いたこともない。
  =====引用ここまで=====



おぉぉぉぉぉーーー。ほんまや、ほんまや。その通りや〜〜〜。子供の頃から一度もさおだけ屋からさおだけを買ったことないし、買っている人を目撃したこともないわー。買ったという話も一回も聞いたこともないわー。



ほんま、同感やー。


大体、さおだけ屋からさおだけ買う人なんて、1000人、いや1万人に一人、いるかいないかちゃうかー。



と一人盛り上がる悪魔。
そこに風呂からあがってきたかーちゃん登場♪



 でびるくん♪ > なぁー、かーちゃん。聞いてや。
 かーちゃん♪ > なに?





 ・・・というわけで、かーちゃんに上記の引用部分を説明。



 でびるくん♪ > なっ! ほんまやと思わへん?
          激しく同感するやろ?
          さおだけ屋からさおだけ買う人なんて1万人に一人
          おるかおらんかやと思わへん?





    すると・・・




   あたし、さおだけ屋からさおだけ買ったけど。(-_-)




 ・・・(ーー;) マ、マ、マジですか? 奥さん。




思わず絶句のおいら。



1万人に一人がこんなに身近にいたよ、神様。




( ̄十 ̄)オーメン・・・  いや、違った ( ̄十 ̄)アーメン・・・




悪魔なおいらも思わず十字をきりかけちまった。
危うく、十字架にやられるとこだったばい。



かくして、我が家は悪魔と、1万人に一人の女が生計を共にする不思議な家族だということが判明したのだった。



追伸:
ちなみに、この本では確かにおいらの疑問は解決されましたが、そのネタばらしをここでするのはさすがに著者に申し訳ないので、知りたい人は買ったってくらはい。

え? 借りたり立ち読みぢゃダメかって? おいらもエッセイストの端くれなので、本は買って読みましょうと言っておきます。


え?おいら? 図書館で借りました。(爆)

人気本のため、予約から4ヶ月待ちましたが・・・。








posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

ハワイ旅行当選!

テレビでオダギリジョーのライフカードのCM(海外出張編)を見ながら


  あ〜、飛行機乗って海外でも行きたいなぁ。



と呟くおいら。そして日常のパソコンのメールチェック。

すると・・・



   「プレゼント当選のお知らせ」




との件名のメール発見。



  なんぢゃ、こりゃ?




と本文をチェック。すると・・・




  本日、「XXXキャンペーン」の抽選を行いました結果、
  ○○○ 様が当選されましたので、メールにてお知らせさせて
  いただく次第です。




  ○○○ 様が当選されたのは、下記のプレゼントです。
  当選プレゼント名:ハワイ ペア旅行




   ご当選 誠におめでとうございます!






ぎょぎょっ!(*_*) 





<ライフカードのCMソングが頭に流れた(>_<")>

   ちゃっちゃっちゃっちゃちゃ〜♪
   ちゃららら♪ちゃ〜らららら〜♪
   ちゃららら♪ちゃ〜らららら〜♪


    でっかい当選 人生疑い?
  
   これはもしかして運命の当選?
   しかし、相手はネット懸賞 当然、弱きな俺



  「いたずら」 「いたずら」 「いたずら」




  ところがたしかに応募したような気がする記憶
  俄然、強気な俺
  どうしちゃう 俺! どーしちゃうのよ!




・・・というわけで、プレゼントは3週間以内に発送の予定とのこと。
本当に当選してるのだろうか。



  ハワイ当選の真偽の程・・・ つ! づ! く!



posted by でびるくん♪ at 17:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

小泉純一郎推薦?

 どうやら懸賞でハワイ旅行が当たったと思われる悪魔♪だが、そんなおいらにうちのかーちゃんは言った。


  よく懸賞で海外旅行が当たるとか言ってるけど、よく考えてみると、
  子供の頃から一度も懸賞でハワイ旅行に当たったことないし、また、
  当たった人を目撃したことも、当たったという話を聞いたこともない。





むむむ? どこかで聞いた台詞。
さらに続ける嫁。



  大体、懸賞でハワイ旅行当たる人なんて、
  1000人、いや1万人に一人、いるかいないかちゃうかー。
  そう。あんたの方こそ1万人に一人だよ。





むむー。するってぇと、うちは1万人に一人くらいしかいない、




  さおだけ屋やからさおだけを買った嫁 と
  懸賞でハワイ旅行が当たった旦那




という構成の極めて珍しいファミリーなのか。(>_<)




じゃあ、おいらもこれに便乗して (< 何の便乗やねん)
本でも書くとしようかな。名付けて・・・




 山田真哉の推薦する
   「ハワイ旅行はなぜ当たらないか?」





うーん、これは売れそうだ。
便乗商法で多くの本が書けるかもしれない。
他にも・・・




 小泉純一郎が推薦する
  「衆議院議員は解散で職を失うのになぜ解散が決まると万歳するのか?」





 野口聡一が推薦する
  「スペースシャトルになぜ美人スチュワーデスのサービスはないのか?」





 金八先生が推薦する
  「なぜ不良の席は一番後ろなのか?」





 鈴木光司が推薦する
  「貞子は薄型テレビでもテレビから出てこれるのか?」





 福本豊が推薦する
  「わしの実況席だけ、なぜかお茶の間やねん」





関係各位のご推薦をお願いいたします。(-_-)




追伸:
うちのかーちゃんは、なぜ、さおだけ屋からさおだけが買えたのかも大いなる疑問だ。車で「さおやー、さおだけ」と聞こえてから相当なスピードで出て行かないと買えないはずなのに・・・。



posted by でびるくん♪ at 17:15| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ハワイ旅行当選2

 オダギリジョーのライフカードのCM(海外出張編)を見ながらメールチェックをしていたところ、ハワイ旅行当選のメールが舞い込んできたことは既に書いた通りであるが、

  本日、こんなメールが届いた。(一部伏字および匿名、省略)


--------------------------------------------------------
 件名:でびるくん♪様/○○○○○よりご連絡


でびるくん♪ 様

いつも○○○○○をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 ご本人様確認のお手続きをいただき、ご当選が確定いたしましたのでご連絡申し上げます。
この度は「ハワイ ペア旅行」のご当選、誠におめでとうございます!!!

 今回プレゼントいたします旅行でございますが、詳しい旅行条件の説明とスケジュールのご相談など、以降のお手続きは旅行企画・実施しているエイチ・アイ・エスと直接お願いいたします。

 下記、エイチ・アイ・エス担当の◎◎様より、でびるくん♪ 様宛にメールにてご連絡させていただきます。これにあたりまして、でびるくん♪のご氏名・郵便番号・ご住所・電話番号・メールアドレスを、エイチ・アイ・エス ◎◎様にお伝えいたしますことをご了承くださいませ。


※住所・氏名等の個人情報は今回の旅行プレゼント目的のみに利用いたします。


【担当】
-----------------------------
株式会社エイチ・アイ・エス
 ◎◎ ◎◎ 様
TEL:03-xxxx-xxxx
E-mail abcde@osdghfasfhkhleg..com
-----------------------------


今後とも○○○○○をよろしくお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------




<またもやライフカードのCMソングが流れる悪魔♪の頭の中>
  ちゃっちゃっちゃっちゃちゃ〜♪
  ちゃららら♪ちゃ〜らららら〜♪
  ちゃららら♪ちゃ〜らららら〜♪

  やっぱり当選? それでも疑い
  
  これはもしかして偽りの当選?
  しかし、相手はネット懸賞 当然、弱きな俺


  「詐欺」 「詐欺」 「詐欺」


  ところがメール連絡で当選確定と運命の再開
  俄然、強気な俺


  「ハワイ行ける」 「仕事で行けない」 「詐欺」




  どうしちゃう! 俺! どーしちゃうのよ!




・・・というわけで、次回は旅行代理店からのメールとのこと。
まだまだ疑う悪魔♪ 果たしてハワイに行けるのだろうか?




  懸賞当選のハワイ旅行・・・ つ!づ!く!




posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

沖縄病

ずばり、おいらは沖縄病です。


  え? 沖縄病ってどんなんかって?



 症状1.
   テレビで沖縄の青い海が映ると、「はぁー・・・行きたひ」と右脳が感じる。


 症状2.
   三線(さんしん)の音に癒され、琉球音楽が心臓の鼓動のリズムを変える。


 症状3.
   地元の天気と同じくらい沖縄県の天気や気温が気になる。
   特に台風の進路で沖縄がやられないか心配だ。


 症状4.
   来客時にはなぜか、「めんそーれ」(←「いらっしゃい」という意味)と言って客を出迎える。


 症状5.
   普段、環境問題には無頓着なくせに、美ら海を汚すゴミ問題には他の何よりも心を傷めている。




  あ〜、ずばり沖縄行きたひです。



我々夫婦はダイバーなので、もちろん綺麗な海を潜りたいのだけれど、海以外の魅力(沖縄の文化、食事、雰囲気などなど)も満載♪



   ビバ沖縄♪



そんな我々夫婦は、ハワイに加えて沖縄旅行も懸賞で当たることを切望している。



追伸:
こないだテレビの沖縄特集を観ていたおいら。
そこにはラフテー、島らっきょう、海ぶどう等の沖縄料理の数々が・・・。




 でびるくん♪ > はぁー、かーちゃん。見て見て!
 かーちゃん♪ > なんだよ、夫。
 でびるくん♪ > ほら、ラフテーだべ。ほら、海ぶどうだべ。
 かーちゃん♪ > はいはい。
 でびるくん♪ > うまそうぢゃない?
 かーちゃん♪ > じゃあ、今日の晩御飯はそれがおかずね。
 でびるくん♪ > ・・・・・(ーー;) え?
          それって、もしかしてテレビのラフテー見ながら
           飯食えってこと?


 かーちゃん♪ > ピンポーン♪ 大正解!





 ・・・(ーー;)
 「ピンポーン♪ 大正解」ぢゃねーよ。





  かーちゃん♪ > 正解のあなたには、ハワイ旅行が当選しました。




 ・・・(ーー;) もうとっくに当たってるってば。
         そんなことより、頼むからおかず作ってくれよ。




posted by でびるくん♪ at 22:44| 大阪 ☁| Comment(5) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

日航機事故から20年

 ずっと読めてなかった「沈まぬ太陽〈3〉御巣鷹山篇」をついに読んだ。そう、日航機123便墜落事故についての、あの小説である。あまりに生々しく、また精緻な描写は、まるで筆者は現場にいたのではないかとさえ思えるほどだった。事故当時の状況は報道で知っていたが、忘れていた部分も


   あぁ、こんなこともあったなぁ。


と思い出すことが多かった。事故後20年経つが様々な側面もあり、まだまだ難しい問題も残っているに違いない。また、小説を読む限り、まだまだ隠されている真相があるような気がしてならない。

 遺族の無念を思うと、隠されている真実があるのなら全て公開して欲しいということになろう。だが搭乗していた当の被害者は、なるべく早く忘れたいとの思いもあり複雑ではないだろうか。

 事故機に乗りながらも一命を取り留めたのはわずか4名。なかでも今でも脳裏に残っているのは、川上慶子さん。皆さんもご記憶なのではなかろうか。彼女は旅客機墜落という極限の恐怖を体験しただけでも気の毒なのに、それに加えて、そのかわいさ故にマスコミだけでなく今で言うストーカーのような輩にまで追い回され、苦しみ続けたらしい。


 その川上慶子さんに関する記事が7月15日号の週刊朝日に載っていた。その記事の中で、一番びっくりしたのが、旅客機の事故としては未曾有の大惨事となった20年前の事故の被害者であるにも関わらず、彼女は現在では飛行機に乗ることもあるという。もちろん事故の話とかになると、PTSD(心的外傷後ストレス障害)のような症状もでるようだが、飛行機に乗れるだけですごいと思う。

 世界中を探しても、まともに墜落した旅客機に乗って助かった人なんて数えるほどだろう。そして、その恐怖たるや想像するだけでも恐ろしい。また、ご家族の悲痛な思いは想像さえできない。


 今度は、ご遺族の思いの詰まった茜雲―総集編を読もうと思っているが、色々な思いを知ると、もう本当に飛行機に乗れなくなるかも。

 ・・・というかしばらくは飛行機には乗らないでおこう。



追伸:
むむっ? あ! 懸賞でハワイ旅行に行くんだった・・・。(-_-;)

  むむむ〜 /(-_-)\



エイチ・アイ・エス 御中
 ハワイ旅行の往復の交通手段、なんとかサンフラワーになりませんか?
 今でも事故が頻発しているJALよりもマシでしょう。

 え? 船だって沈む可能性があるだろうって?
 いえいえ、沈まないでしょう。


   なんてったって「サン」フラワーですから。



真相究明のヒントは海の底深くに沈んでるかもしれませんけどね・・・



posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

たこ焼き

 おいらは「桃ラー」であり、桃大好き人間・・・というか桃大好き悪魔♪だというのは、読者の皆さんもよくご存知のところであるが、実は桃以外にも好きな食べ物がたくさんある。

 今日は、そのうちの一つ、たこ焼きの話。


  大阪って一家に一台、たこやき焼き器があるってほんと?



昔、江戸にいた時に会社の同期の友達にこう聞かれた。



  一家に一台あるかどうかはわからんけど、
  かなりの家庭にあることは間違いないね。




  へぇ〜〜〜、そうなんだ。「70へぇ」で金の脳だよ、そりゃ。



  トリービアー♪





 え?そんな昔にトリビアなんて番組はなかっただろうだって?




   (ーー;) そ、その通りです。(>_<)
   誇張表現でした。えらい、すんまへん。





ま、そんなことはどうでもよいが、江戸に住んでいた当時、津田沼の後輩の家に遊びに行った日のこと。



  後輩 >今日の晩御飯は何、食べます?
  悪魔♪>何でもええよ。
  後輩 >じゃあ、お好み焼きにでもしますか?
  悪魔♪>おっ、いいねぇ。久しぶりに大阪の味ぢゃん。




とすっかりご満悦の悪魔♪。そして店に入りメニューを見ると、そこには大好きな、たこ焼きの文字が。。


  悪魔♪>なぁ、後輩くん。たこ焼き食べたくない?
  後輩 >おっ。いいですねぇ。





ということでたこ焼きを食べることになった、おいらと後輩。



   後輩 >これ、どっちにします?
   悪魔♪>うん?どれ?
   後輩 >たこやきって焼いて持ってきてもらうか
       自分で焼くか選べるみたいですよ。

   悪魔♪>ちっちっち。君、誰にものを言ってるんだね。
       おいらは生粋の関西人だよ。
       当然、自分で焼くに決まってるじゃ、あ〜りませんか。

   後輩 >あ、そうですね。じゃ、焼くのはお任せしますから。
   悪魔♪>まかせなさーい。





と大見得をきったおいら。




しかし・・・




   うまく焼けない。_| ̄|○



おそらく鉄板がまだ十分に熱くなっていないうちに焼き始めたからだと思われる。



  悪魔♪>や、やけたよ、後輩くん。(-_-;)
  後輩 >・・・・・(ーー;) え? こ、これが、たこ焼き?
  悪魔♪>す、すんません。失敗っす。(>_<)
  後輩 >先輩くんは生粋の関西人だったのでわ?





 返す言葉も見つからないおいら。




   後輩くん、すまん。_| ̄|○
   許してくれたまえ。m(._.)m




   悪魔♪>でも、たこやき焼くのも簡単じゃないよ。
   後輩 >ま〜、確かに難しいでしょうねぇ。
   悪魔♪>関西人のおいらでさえ、この有様だよ、君。
       きっと、江戸人はもっと下手だよ、たぶん。

   後輩 >そうですよねー。




なんて会話をしながら、店を出ようとしたその時。

会計カウンターの横には、耳慣れぬ言語で会話する4人組。
そう、そこにはテーブルを囲む4人の外人さんがいた。



  後輩 >先輩。あれ見てくださいよ、あれ。
  悪魔♪>うん、外人さんやろ。外人さんも関西の味食べてくれてんねん
       なぁ。感無量やわ。

  後輩 >いや、そうでなくて。ほらっ。




  悪魔♪> ・・・・・ぎょぎょっ。(*_*)



そこには、まんまると焼きあがった、それはそれはおいしそうなたこ焼きが。




  後輩 >外人の彼らでさえ、あの出来ばえですよ、先輩。
      江戸人どころか異国人ですよ、先輩。
      もしかして、たこ焼きって誰でも簡単に焼けるのでわ?





   がびーん。名誉失墜。_| ̄|○




この墜落した名誉を取り戻すために、昨日、帰省中の国土交通省の友人を家に呼んで、原因究明に取り組んだ悪魔♪なのであった。




追伸:
今度、「たこ焼きソング」で全米デビューしようと思っているので、国土交通省をあげて応援してくらはい。



posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

ハワイ旅行当選3

 本日、ついにエイチ・アイ・エスからメールが来た。その一部をご紹介しよう♪


(一部伏字および匿名、省略)
--------------------------------------------------------
でびるくん♪ 様

 この度はキャンペーンでのご当選おめでとうございます。


 ○○○○○の運営会社○△□様からのご依頼により、弊社にてご旅行の手配をさせて頂くことになりまして、弊社よりご旅行に関するご案内をさせて頂きます。
 ご旅行詳細を添付資料にてご確認の上、期日までに下記の担当者宛にご連絡頂けますようお願い致します。


------------------------------------------------------
担当者 : (株)エイチ・アイ・エス ◎◎
電話 : XX-XXXX-XXXX (営業時間:平日/9:00〜17:00)
------------------------------------------------------
お申込み有効期限 : 2005年8月25日(木)
------------------------------------------------------
ご旅行お申し込みの際に用意していただくもの
 @ ご希望のご出発日(第1〜第3希望まで)
 A 最終決定したご同行者様のお名前
 B パスポート記載名(アルファベット) ※2名様分
 C パスポート番号と有効期限 ※2名様分
------------------------------------------------------


ご不明な点等ございましたら、担当までご連絡下さいますようお願いいたします。


今後とも宜しくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------



詐欺やいたずらではなく、どうやら懸賞に当たったのは間違いなさそうだ。
そして、メールにはPDFの添付ファイルが付いている。早速確認♪


ふむふむ・・・。
おぉーーー「目録」って書いてあるよ、かーちゃん。




出発希望日は第3希望まで出せるが、日程の指定があり、さすがに連休が続くところはダメなようだ。ま、そりゃそうか。


あとは・・・


げげげっ。 成田発ぢゃん。え〜、おいら関西人だよ。
成田まで行かなきゃダメなのか。。。とほほ。。。
それとも成田往復分でハワイに行けると思うべきなのか・・・。

ま、向こうで丸2日は自由時間があるから、良しとするか。



関空発着になんないかなー。
ちょっとお願いしてみようかな。ダメ元で・・・。



posted by でびるくん♪ at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

強敵?

 こないだ家計簿を見せてもらったが、どうやら我が家は夏は特別予算が組まれているようで、「桃予算」があるということが発覚した。かーちゃんにはいつもいつも苦労をかけて申し訳ない限りでござる。そんな我が家は、じゃあ冬は家計が助かるかというと、実はそうでもない。・・・というのも、おいらが桃並みに大好きな、しゃぶしゃぶを食すからである。


 超肉食なおいらは当然、肉大好きなのだが、中でもしゃぶしゃぶのうまさはもう他のものには換えがたい。そんなおいらはスキーサークルに属し、冬は毎週のようにスキーに行くのだが、特に毎年、ゴールデンウイークのスキーは志賀高原でBBQと決まっている。ゲレンデ横でBBQをしながら飲んだり食べたりスキーを滑ったりするのだが、当然、肉食のおいらは肉まっしぐら。葉っぱ類には目もくれず、とにかく肉を食いまくる。

 そして、そんな我々スキーサークルの面子の前に、強敵が現れた。

昼前から15時を過ぎる頃まで、もう、肉でお腹一杯のスキーヤー達。


  あー、食った食った。
  もう晩御飯とか入らへんかも。




なーんて会話をしながらホテルに戻ると、早々に夕食の時間である。




  スキーヤーA > 今日の夕食のメニューは何ですか?
  ホテルマンX > 今日のメニューは、しゃぶしゃぶです。
  スキーヤー達 > そ、それは強敵ですねぇ。(ーー;)





昼間に、もう嫌になるほどの肉を食べた仲間は、



  もうこれ以上、肉は勘弁して下さい。




という状態。無理もあるまい。ほんとに腹一杯だったのだから。

しかし、おいらは違う。



  でびるくん♪ > え?みんな、肉余ってるよ。
  スキーヤーA > あ、もう僕達はいいです。
  でびるくん♪ > え?食べないの?
  スキーヤーB > もう食えないよ。
  でびるくん♪ > しゃぶしゃぶさんに失礼じゃないか、君たち。
  スキーヤーC > 好きなだけ食べていいですよ。
  でびるくん♪ > え? ほんとに? \(^o^)/わーい




というわけで、いくら肉で腹が満たされていようが、しゃぶしゃぶは別腹のおいらの胃袋は、




  も・う ど・う・に・も・止・ま・ら・な・い♪




追伸:
さすがに夏は暑くてしゃぶしゃぶは食いませんが、夏は桃があるので、やっぱり、どうにも止まりません。(>_<)



posted by でびるくん♪ at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

パソコンが熱暴走?

 明日から富士山登山だと言うのに、どうも体調が思わしくない。(T_T)
熱っぽいので、今日は冷えピタを額に張っておとなしくしていた。

 そんな体調だったらブログなんて書いている場合じゃないだろうという感じだが、ま、パソコンをカチャカチャやってるくらい、どうってことないだろうと言うことで執筆中なのだ。

 ところで、そんな我が家にはパソコンが2台ある。正確に言うと3台あるのだが、1台は2年ほど前にお亡くなりになったので、稼動しているのは2台ということになる。1台がデスクトップ、もう1台がノートPCだ。

 しかし、この暑さのせいか、ノートパソコンの方が熱暴走気味だ。HDDも何故かカンカンと音がして嫌な予感がする。これはディスクがお亡くなりになる寸前かもしれない。底を触ってみると相当熱いし、さかんにファンの音がブーンブーンと音を立てている。


 でびるくん♪ > かーちゃん、てーへんだ、てーへんだ。
 かーちゃん♪ > 何が大変なの?
 でびるくん♪ > ノートPCさんが・・・発熱で唸っています。
 かーちゃん♪ > あんたの冷えピタ分けてあげたら?
 でびるくん♪ > な、な、なるほど。(-_-)




そうして、冷えピタをノートパソコンの裏に張った悪魔♪
しかし、まだカンカン言ってるし、どうもほんとにダメっぽい。


 でびるくん♪ > かーちゃん、もうダメかもしれないよ。
 かーちゃん♪ > 励ましたり、慰めたりしてみたら?
 でびるくん♪ > な、な、なるほど。(-_-)



 でびるくん♪  > パソコンちゃん、頑張れっ!
 パソコンちゃん > 私、もう・・・ダメ。
 でびるくん♪  > 何言ってるだ。気を強く持て。絶対治る!
 パソコンちゃん > ・・・・・
 でびるくん♪  > しっかりしろ〜〜〜





散々励ますものの、ウンともスンとも言わなくなりお亡くなりになったかと思う。すると、突然、何かを思い出したかのように、踏ん張って動き出す時もあるノートパソコンちゃん。しかし、もうこれは、いつお亡くなりになっても不思議ではない。


 でびるくん♪ > もう新しいの買わなきゃダメかな。
 かーちゃん♪ > え?買うの?
 でびるくん♪ > うーん。どうしようかなぁ。
 かーちゃん♪ > 買わなくても大丈夫だよ。
 でびるくん♪ > なんでさ。
 かーちゃん♪ > だって・・・
 でびるくん♪ > だって?
 かーちゃん♪ > パソコンなんて懸賞でいっぱいあるぢゃん。
 でびるくん♪ > な、な、なるほど。(ーー;)




どうも、うちのかーちゃんはハワイ旅行当選以来、懸賞は出せば当たると思っているらしい。


そういや先週、テレビで甲子園のプロ野球の観戦チケットプレゼントがあったのでハガキを出したのだが、


 かーちゃん♪ > あれ??、おかしいなぁ。
 でびるくん♪ > なにが?
 かーちゃん♪ > 甲子園のチケットまだ来ないね。
 でびるくん♪ > ・・・・・(ーー;)
          一体いつ当選したんだよ?





追伸:
野球チケットに応募したのは、かーちゃんではなく、おいらです。



posted by でびるくん♪ at 23:00| 大阪 ☁| Comment(1) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

富士山登山体験記 その1

 先週の土・日曜日は富士山へ行ってきました。総勢7人。うち半数くらいは山登りのベテラン。一方おいらは初登山。ワクワクドキドキ体験記でござる。

 今回のツアーを企画、取り纏めをしてくれたのはM部長。部長と言っても会社の上司でも何でもなく、近所に住むスキー仲間である。ちなみに部長と言うのも、おいらが勝手に言ってるだけ。部長でも不思議ではない貫禄と風貌の持ち主だが、実はまだ独身、彼女募集中の3?歳のナイスゲイ、いや違ったナイスガイ(?)である。 

 大阪の家を朝の5時半頃出発。バスツアーではなく自分達の車で行ったので時間や予定の融通はきく。ところが岐阜あたりで大雨、土砂降り。テンション下がりまくりの7人。


 でびるくん♪ > 部長、もしこのまま土砂降りだったらどうなるん?
 M部長    > さすがにこのままだったら無理でしょうね。



 しかし、さすがにもう高速に乗ってるし、引き返すわけにも行かないのでとりあえず現地まで行くことに。寝不足および体調不良のおいらは、車中は寝て、体を休めておくように部長から指導されていたにも関わらず、遠足気分のおいらは興奮して眠れない。結局、行きの車中はほとんど寝なかった。

 東名高速を富士ICで降りた我々7人は、とりあえず昼食と山の上で食べるものを調達。おいらの昼食は、おにぎりとおでん。山登りベテランのEくんが山の上でお湯を沸かせる器具を持って来てるとのことだったので、寒さが予想される山頂で飲む為に、カップの豚汁も購入。

 そして、いざ五合目の登山口へ。現在は大半が五合目から登るとのこと。ルートは4つあるようで、吉田口、富士宮口、須走口、御殿場口があるが我々は一番急だが、距離の短い富士宮口〜御殿場口というルートで行くということをM部長から伝えられていた。

 五合目に着くと雨は上がっていた。曇ってはいたものの、なんとか登れるだろうという天候。しかし五合目とは言え、すでに標高2,400m。かなりの涼しさだった。

 スキーやテニスで日頃から運動バカな悪魔♪だが、寝不足および体調も万全では無い為、初登山で体力が持つか、高山病にならないか、靴や服装はこれで大丈夫か、など多くの未確定要素を抱えながら、登山ルックに着替え、とりあえず初日の山小屋、赤岩八合館へ向けていざ出発した♪

  (つづく)


今回の富士山登山で参考にした書籍
    ⇒ るるぶ富士山富士五湖御殿場富士宮 (’05~’06)





posted by でびるくん♪ at 23:30| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

富士山登山体験記 その2

 富士宮口の五合目から出発した我々7人。出発から3時間半ほどで、初日の山小屋である赤岩八合館に到着。ここまでは比較的快調に行くことができた。ここでの標高はおよそ3,260m。

 期待していた(?)高山病になることもなかった。おいらは2年ほど前にハワイのマウナケアという山(標高4,205m)に行ったことがあるが、その時も高山病のような症状はなかった。しかし、マウナケアは車のツアーで行ったもので、自分の体を使って登ったわけではない。ましてや今回は、寝不足・体調不良等もあり、もしかしたら高山病になったりして・・・なんて思っていたのだが、全く無用の心配だった。

 実は、おいら、この高山病にちょっと憧れていたりした。だって高山病になる人って、デリケートで都会的って感じがして、なんとなく羨ましい。人によっては2,500m前後でも高山病になる人もいるらしいし、ほんとに高山病がひどい人には申し訳ない話だが、ちょっとした高山病の症状になりたかったのだ。


  ま、少ない酸素でもよく働く効率的な脳だということだろう。


 しかし、帰ってから家で留守番をしていた、かーちゃんにこのことを話したところ


  あんたの脳は少ない酸素でも十分に行き渡るだけの容量
  しかないってことが、これで証明されたね。(-_-)




と一刀両断だった。道理でおいらの頭は悪いわけだ。納得。(T_T)


 そんなこんなで、赤岩八合館での夕食のカレーを食べて、19時半頃には布団に入って寝た。ちなみに混雑していたので1畳で2人くらいのスペースだった。横で寝ていたのは、豪快ないびきで有名なEくん。おいらの安眠は確保されるのだろうか。

 (つづく)



posted by でびるくん♪ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

富士山登山体験記 その3

 まだ23時半頃、横で寝ていたEくんの豪快ないびきで目覚めてしまった。
出発は3時頃って言ってたなぁ。。。でも眠れない。(T_T)
仕方なくモゾモゾと横になっていただけのおいら。

 しかし1時半頃には起きだした人も多く、おいらもついでに起きた。すると他のメンバーもつられるように起きだして結局、山小屋出発は2時15分頃に。外は天気も悪くガスがかなり出ている。気温もさることながら、強風の為、体感温度は相当低い。そんな中、山頂目指して、いざ出発♪

 ここからは御殿場口というルートで登ることに。このコースをチョイスする人が少ない為か、他の登山客も疎ら。それは山頂に着くまで変わらなかった。人が疎らなせいもあり、明かりも少なくコースもよくわからない。当初、普通の懐中電灯で登ろうとしていたが、ヘッドライトを借りてきておいてよかった。

 途中、廃墟となった山小屋のあたりで、風がいっそう強くなった。一度は止まって様子を見たものの、強行突破。結局は小屋を過ぎた辺りが、一番風が強かった。その小屋のあたりで、まだ20歳代と思われる女性二人組と合流した。おっさんのおいらから見ると、非常にかわいらしく、感じの良い
二人で、よかったら頂上まで一緒に行こうかという話に。


 しかし、おいら以上におっさんのM部長は、絶好のチャンスを逃さない。


岩場で休憩中。。。
5m離れて立っていた、さっき合流した、かわいこちゃん二人組に・・・


   M部長     > あ、蜂蜜の飴、いります?
   かわいこちゃん > あ、ありがとうございます。




 おぉーーー、なんてやさしい。さすが、ナイスガイ。



その時、仲間のNさん(女性)は手を伸ばせば届く所にいたが・・・



   M部長 > ・・・・・
   Nさん > ・・・・・(ーー;)




部長は一瞥(いちべつ)をくれただけ。



   Nさん > をい、そこのナイスゲイ!!
   M部長 > お〜けぇ〜〜〜、何ですかぁ〜。
   Nさん > 私には飴はないんかいっっ!
   M部長 > あっ! o(;'0')o




そこには細木数子に怒られたレイザーラモンのような部長が・・・。(>_<)
部長、身内をもっと大切にしないといけませんな。

しかし部長の恋の成就を願っている我々6人は、今日も部長を応援している。


 (つづく)



追伸:
だんだん部長の恋バナになってきたが、いつもそうであるように
決して大きく進展しないので、次回は真面目な体験記に戻る予定。(-_-)



posted by でびるくん♪ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

富士山登山体験記 その4

 結局、2時15分頃出発した我々は、所々強風の中、4時前に山頂に到着。しかし頂上は想像以上に寒かった。気温もさることながら強い風のせいで、体感温度はかなり低く、テンションはそれ以上に低い。ハワイのマウナケアがそうであったように、もし晴れていたら星がすごく綺麗に見えるんだろうなぁ。。。


しかし・・・

 でびるくん♪ > ご来光はどっちの方角?
 M部長    > この天候じゃ、ご来光は見えないかも。


 一同     > どよ〜〜〜〜〜ん。 _| ̄|○





・・・と、太陽さえも見えない始末。(>_<)

そして寒さのあまり、ちょっとした売店で休憩。
そこで食ったカップ麺、赤いきつねは800円也。
富士山価格なり〜。(T_T)


 結局、日の出を過ぎてもいっこうに太陽は見えず、部長の言うとおり、ご来光は拝めなかった。さらに、個人的に一番楽しみにしてたお鉢巡りも、ガスがかかって火口も全く見えない。 _| ̄|○

 あまりの寒さに、そのまま下山しようかと思ったが、さすがにくやしいので剣が峰だけ行ってきた。御殿場口上がったところから、10分弱だったか。そして、そそくさと下山。


 朝食は八合目の小屋まで戻って8時半頃に食べた。味噌汁がうまかった。八合目の山小屋を9時過ぎに出たが、11時過ぎくらいに五合目の登山口まで降りてくることができたが、やっぱり下界も雨だった。


日本一の山、富士山には登頂したが、多少残念な富士登山だった。天候のせいもあるかもしれないが、富士山は見る山であって登る山でないかもしれないなぁ・・・と率直に感じた。


 しかし、なんとしても富士山の火口を見たいので、今度は違うルートでの登頂を少しだけ考えている悪魔♪なのだった。



posted by でびるくん♪ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

闘将 星野仙一

 阪神タイガースSDの星野仙一さん。おいらは星野さんのファンなのだが、阪神ファンだから星野さんのファンというわけではない。星野さんが、中日の監督をされていた頃からのファンなのだ。当時の阪神は超弱くて、セ・リーグとパ・リーグに分かれて優勝を競うペナントレースでは、GWを過ぎると消化試合だった。(T_T)
 消化試合の阪神を応援してもしょうなかったので、GWを過ぎると星野さんが指揮を執られている中日を応援したものだった。

 正直、おいらは当時、星野さんが阪神の監督になるということに対して複雑な心境だった。阪神ファンであり、かつ星野さんファンであるんだったら、願ったり叶ったりだろうと思うことなかれ。やはり星野さんはドラゴンズの星野仙一という印象だったので、うれしい反面、申し訳ないとか寂しいというような複雑な心境だったのだ。

 話は変わるが、弱小だった頃の阪神タイガースは選手の精神も緩んでいたのではないだろうか。おいらのかーちゃんは、実は元スチュワーデスなのだが、星野さんが監督する前の阪神はひどかったらしい。

 飛行機に乗ってきても、大きな荷物も上げずに通路に置きっぱなし。でーんと座って客室乗務員に荷物を上げさせるような団体だったそうだ。


 しかし、星野監督の中日は違う。


   ちゃんと荷物を上げろ。
   端からちゃんと詰めて早くしろ!



などと選手も非常に紳士だったそうだ。星野さん自身がそういったことに非常に厳しい方だったのだろう。そんな話をかーちゃんから聞いたおいらは、益々星野さんのファンになってしまった。


 星野阪神はリーグ優勝を果たしたものの、日本一にはなれなかった。悔しかった。なにより日本一の星野監督の胴上げを見たかったし、星野さんを日本一にしたかった。

 ところで、その星野さんが今度は巨人入りという報道が流れている。おいらも本音を言えば、ジャイアンツにだけは、巨人にだけは、行かないで欲しい。阪神の監督をもう一回やって日本一になって欲しいし、それが無理なら阪神のシニアディレクターでいて欲しい。また、恩義のある中日に戻るというなら、それはそれで星野さんを応援したいと思う。


 だけど・・・巨人だけは・・・巨人だけは・・・勘弁してくらはい。。。


・・・と言いたいが、星野さんは阪神や中日とかいう、そんなレベルで物を考えている方ではない。プロ野球界の為ということを考えて行動されるのであれば、それは星野仙一の決断。そんな星野さんを応援します。



追伸:
星野さんが巨人に行くなら、長嶋さんに阪神にきてもらいたい。
巨人はそれくらいの覚悟がないなら星野さんを呼ぶべきではないと思う。
今の阪神ファンにとって星野さんが巨人へ行くというのは、それと同じくらいの覚悟なんだから。。。




   星野巨人 vs 長嶋阪神




これはプロ野球人気も相当復活するだろう。




でも、もし、そうなったら徳光さんはどっちを応援するんだろう?
「阪神タイガースが一番やー」・・・って言わへんかな。(-_-)



posted by でびるくん♪ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。